タイのえびチャーハン、カオパットの作り方

所要時間:15分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物チャーハン

 

しょうゆとオイスターソースで基本の味つけを

タイのチャーハンは、お好みで唐辛子ナンプラーをかけたり、トムヤムスープに合わせて食べたりするので、どちらかというとシンプルな味。今回は、タイ米を使いましたが、日本米で作ってもかまいません。

タイ米を使うときは、基本のタイ米(ジャスミンライス)の炊き方も、ぜひ参考にしてみてください!

タイのえびチャーハンの材料(2人分

えびチャーハンの材料
タイ米 1合
えび 6尾
たまねぎ 1/4個
小ねぎ 2本
1個
オイスターソース 大さじ1/2
醤油 小さじ1
ライム 適量
代用できる食材などは、本文で紹介します。

タイのえびチャーハンの作り方・手順

えびチャーハンの作り方

1:材料を用意する

材料を用意する
にんにくはみじん切りに、玉ねぎは粗みじん切り、小ねぎは小口切りにする。えびは殻をのぞき、背ワタを取る。

2:えびを炒める

えびを炒める
フライパンに油(分量外)とにんにくを入れて熱し、えびを両面やき、とりのぞく。

3:玉ねぎ、ごはんを加える

玉ねぎ、ごはんを加える
玉ねぎを軽く炒め、ごはんを加え、しょうゆ、オイスターソースで味付けする。

4:卵を加える

卵を加える
ごはんをよせて、卵を割り入れ、スクランブルエッグを作りながら、ごはんと炒め合わせ、えびを戻し入れ、小ねぎを加える。器に盛り、ライムを添える。

5:お好みで卓上調味料を作る

お好みで卓上調味料を作る
ナンプラー大さじ1に、唐辛子1本を刻んで混ぜ、卓上調味料を作る。お好みで、チャーハンにかけながらいただく。

ガイドのワンポイントアドバイス

日本でも定番の調味料や食材で作ったチャーハンですが、ライムをたっぷり絞って食べると、一気にエスニック度が上がります。タイでは、きゅうりやトマトを添えたり、小ねぎを添えていただきます。また、えびのかわりに、カニ肉を使ったり、豚肉や鶏肉を使ったチャーハンも、タイでは一般的。冷蔵庫にある具材でアレンジしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。