乳製品を使わない、カステラのいちごサンドケーキ

所要時間:60分以上

カテゴリー:ケーキショートケーキ

 

切ってあるので取り分けやすく、食べやすいショートケーキ

カステラの生地は、小麦粉と砂糖と卵とみりんでできています。牛乳もはちみつもバターもオイルも使いません。あらかじめカステラを人数分に切り分けて、豆乳ホイップクリームと苺をサンドして、元の形に戻します。 

最初から切ってあるので取り分けやすく、周りにクリームがついていないので、手づかみで食べることもできます。子どもたちが主役のホームパーティー用に、作ってあげてはいかがでしょうか。

カステラいちごサンドケーキの材料(5合炊き炊飯器用

カステラ生地
強力粉 70g
薄力粉 70g
4コ(中身220g)
砂糖 120g
みりん風調味料 大さじ4
醤油 3滴
ホイップクリーム
生クリーム 豆乳クリーム 200cc
砂糖 大さじ2
バニラエッセンス 数滴
その他
いちご 1/2パック程度
内釜に塗る用 少々
強力粉と薄力粉を半分ずつ使いましたが、どちらか一方でもかまいません。

カステラいちごサンドケーキの作り方・手順

炊飯器でカステラを焼く

1:粉をふるい、みりんを煮詰め、内釜に油を塗る

粉をふるい、みりんを煮詰め、内釜に油を塗る
強力粉と薄力粉をあわせて2回ふるう。みりんを小鍋に入れて火にかけ、半量位まで煮詰め、醤油を数滴加える。

炊飯器の内釜の釜肌を、油をつけたキッチンペーパーで拭く。
煮詰める目安=みりんを入れた鍋をはかりにかけて、30g減るまで煮詰める。

2:卵と砂糖を湯せんで泡立て、みりんを加えて泡立てる

卵と砂糖を湯せんで泡立て、みりんを加えて泡立てる
卵と砂糖を50℃位の湯せんにかけて泡立てる。人肌に温まったら湯せんを外し、みりんを泡だて器の上に注ぐようにして加え、さらにしっかり泡立てる。

3:粉を広げ入れて混ぜる

粉を広げ入れて混ぜる
小麦粉を広げ入れ、生地を練らないように気をつけながら、ゴムべらでさっくりしっかり混ぜる。

普通のスポンジケーキ生地よりもしっかりめに混ぜ、膨らみを少しおさえて、きめの細かいカステラを作る。

4:内釜に流し入れ、泡切りしてスイッチオン

内釜に流し入れ、泡切りしてスイッチオン
内釜に流し入れたら、タオルの上にトントントンと軽く落として泡切りし、普通に炊く。

生焼けになるのを回避する方法は、こちらを参考に。
炊飯器料理の注意点 / 炊飯器料理のコツ
スイッチが切れたのに、少し生焼けだった場合は、もう一度スイッチを入れる。

5:網の上に逆さに取り出して冷ます

網の上に逆さに取り出して冷ます
焼けたら、網の上に逆さに取り出して、じゅうぶん冷ます。

カステラいちごサンドケーキを作る

6:いちごを切る

いちごを切る
いちごを縦に4等分に切る。

7:ホイップクリームを作る

ホイップクリームを作る
豆乳クリームと砂糖とバニラエッセンスを泡立てる。

8:カステラを8等分する

カステラを8等分する
カステラは8等分に切る。

9:切り込みを入れる

切り込みを入れる
クリームといちごをはさむための切り込みを、長さを揃えて入れる。

切り込みではなく、切り離してしまってもかまわない。

10:クリームをはさみ、いちごを貼りつける

クリームをはさみ、いちごを貼りつける
クリームをはさみ、いちごを貼りつける。

全部にクリームをはさんでから、まとめていちごを貼りつけても良いので、やりやすい方で。

11:元の形に並べて仕上げる

元の形に並べて仕上げる
元の丸い形に並べる。真ん中が空くので、そこにホイップクリームを絞り入れ、いちごを飾る。

12:粉砂糖をかけても綺麗

粉砂糖をかけても綺麗
最後に粉砂糖をふりかけても綺麗。

ガイドのワンポイントアドバイス

みりん風調味料の塩気を利用しました。本みりんを使う場合は、塩を少々加えると、甘味が引き立ちます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。