職場などで毎日のように使う「お疲れさま」のフレーズ。

日本語の「お疲れさま・お疲れさまでした」は、いろいろな意味を持っています。
  •  「さようなら」のような「挨拶」代わりに
  • 上司や先輩が部下や後輩への「労いの言葉
  • 乾杯の挨拶
などで使われます。主に「挨拶」と「労い」のために使われるフレーズですね。

それでは、英語でも同じなのでしょうか? 直訳はあるのでしょうか? 英語の「お疲れさま」の表現を整理してみましょう。

挨拶としての「お疲れさま」を英語にすると?

「お疲れさま」が最もよく使われるのは、「挨拶」としてでしょう。

残念ながら、英語では「お疲れさま=○○」といった直訳できるフレーズはありません。しかし、「挨拶代わり」なのですから、英語の「挨拶」を当てはめれば良いわけです。

出会い頭の挨拶としての「お疲れさま」には次のようなものが挙げられます。

  • Good morning
  • Good afternoon
  • Good evening
  • Hi
  • Hello

igaito

意外と簡単な英語で言える「お疲れさま」


意外に簡単なよく知る挨拶が「お疲れさま」として使えることがわかります。また、これらの表現は、目上目下関係なく使えますので便利です。

別れる時の挨拶も同じです。

  • Good bye
  • Good night
  • See you later
  • Bye
  • Have a nice evening!(素敵な夜を)

などが挙げられます。別れの挨拶がそのまま「お疲れさま」に使えるのです!

労いとしての「お疲れさま」を英語にすると?

  • Good job!(よくやったね!)
  • Well done!(良い出来だったね!)
  • Excellent!(素晴らしい!)
  •  
など、みなさんがよく知っている表現で「お疲れ様」の気持ちを表すことができます。

negira

労いのお疲れ様!


目上の人にも!丁寧に・具体的に・感謝を伝える「お疲れさま」を英語にすると?

■丁寧に伝える「お疲れ様」
もう少し「お疲れ様」を丁寧に伝えたいという場合は、相手の名前を加えるのがポイントです。

  • Good morning Mr/Ms ○○
  • Well done Mr/Ms ○○

のように、挨拶の後ろに相手の名前を加えるだけで、丁寧度アップになります。簡単ですね!

■具体的に労う「お疲れ様」
具体的な働きを労う時には、thank youをうまく使ってみましょう。

  • Thank you so much for all your hard work(ご尽力本当にありがとうございます)
all your hard work: あなたの大いなる努力や働き

  • Thank you for helping me out(お力添えありがとうございます)
help me out:単に手助けするというよりも、「助け出してくれる」というイメージです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。