英語のコロンやセミコロン。
目にはするものの、実はその意味や使い方、違いや使い分けについては意外にピンとこないかもしれません。知ってしまえば、日常的なメモやメールのやり取りのほか、ビジネスメールにも役立つこと間違いなしです!

しんぶん

:や;はよく見かけますが・・・

コロンの意味と使い方

まずはコロン(:)を見ていきましょう。コロンの意味は「つまり」、「例を挙げれば」です。まずはこのことを覚えておきましょう。ですから、列挙や説明、定義を示す記号として使えます。

例えば、
I like Japanese foods: sushi, tempura, and sukiyaki.
私は和食が好きです。(つまり)寿司や天ぷら、すき焼きです。

の場合、「和食が好きです」の具体例として、「:」の後にメニューが列挙されています。
sushi

sushi


Japan is a forest country: 67% of the land is covered with forests.
日本は森林の国です。(説明すれば)国土の67%が森林で覆われています。

の場合、Japan is a forest countryの説明や定義を「:」の後に具体的な数値で示しています。

コロンの理解のポイントは、「:」は主従関係を発生させる働きがあると知ることです。A:Bの場合、その関係はA>Bです。

ですから、Bの内容は、あくまでAの内容をフォローするものであることに注目してください。I have pets: two cats and one dogなら、あくまで「ペットを飼っている」という情報の詳細として、「2匹の猫や1匹の犬」を「:」で示しているわけですね。

セミコロンの意味と使い方

次に、セミコロンを見ていきましょう。コロンとよく似た記号ですが、「」のように下の点がコンマのような形をしているのがセミコロンです。

セミコロンは、文の区切りとしてピリオドよりも短く、カンマよりも長いというイメージです。

文(主語+動詞で成り立つひとかたまり)を繋いだり、リストを作る
ことができます。通常、文同士はコンマ「,」では繋げませんので、andやbutなどの接続詞を使います。これらの接続詞なしで文を繋げられるのが「;」です。

そのため、コロンと違って、A;BはA>Bのような関係にはありません。ただし、AとBは関連性が高い場合に使われます。

I went to the library; Jonathan went to the theater.
(私は図書館へ行き、ジョナサンは劇場へ行った)
libra

私は図書館へ行き、ジョナサンは...?


「;」をピリオドに置き換えても文法的には問題ありません。しかしながら、区切りを経ることなく読めるので、読み手には2つの文には関連性が高いと伝わるのです。

それから、「;」は、しばしばthereforeやhowever, besidesなどの接続副詞を伴います。

I think; therefore, I am.
我思う故に我あり。

thereofre

; therefore



そして、リストを作るときに、コンマとの区別を明確にするため「;」が使われます。

We have students from Tokyo, Japan; Taipei, Taiwan; London, UK; New York, America.
私たちの生徒は、日本の東京、台湾の台北、イギリスのロンドン、アメリカのニューヨークから来ています。

sekai

世界中から


Tokyo, Japanですでにカンマを使っているので、もし「;」の代わりにカンマを使うと、どの単語とどの単語がひとかたまりか、見分けがつかなくなってしまいますよね。そんなときにもセミコロンが使われます。

いかがでしたか?
ネイティブスピーカーでも、大学などできちんとライティングを学ばないと、コロンとセミコロンの使い分けは結構難しいと聞いたことがあります。

なにげなく読み流していた英文の「:」や「;」に、ぜひ注目してみてください!





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。