英国式と米国式のEメールは違いに注意が必要

英国式と米国式のEメールの日付表記

英国式と米国式のEメールの日付表記

英文電子メールにも、アメリカ式とイギリス式があるのをご存知でしたか? 外資系ならば、アメリカ企業とイギリス企業・ヨーロッパ企業では書き方が若干異なっています。英文電子メールの形式は、主に、アメリカ式と英国・欧州式の2種類に分かれています。
   

英国式と米国式の一番の違いは日付の書き方

アメリカ式と英国・欧州式の一番紛らわしいところは、日付の記載の仕方です。記載の仕方には、正式形と簡略形があります。特に簡略形の場合がややこしいと言えます。日付の正式形は、ビジネスレターでよく用いられます。

正式形:November 24, 2007/24th November, 2007   
簡略形:11/24/2007/24/11/2007
 

簡略形の日付表記の読み方に要注意!!

簡略形の場合、英米の記述の仕方が異なりますから、注意が必要です。例えば、次の日付は、何年何月何日のことでしょうか?

05/06/07

アメリカ式          May 6, 2007 / (2007年5月6日)
イギリス式(欧州含む)  5th June, 2007/(2007年6月5日)

2006年6月15日をアメリカ式・イギリス式それぞれで表記すると下記のようになります。

アメリカ式  June 15, 2006
イギリス式(欧州含む)  15th June, 2006
 

日付の各形式のまとめ

英語の日付の書き方に慣れておこう!

英語の日付の書き方に慣れておこう!

前頁のように、アメリカ式とイギリス・欧州式とでは、日付の順番が異なるので、注意が必要です。各形式を簡単にまとめると下記のようになります。
アメリカ式  月/日/年  
例:
February 23, 2006
February 23rd 2006
Feb 23 2006

イギリス式  日/月/年  
例:
23rd February, 2006
23 February 2006
23 Feb. 2006

※月名は、正確さを期すためにできるだけフルスペリングで表記します。
※イギリス(欧州)式では、通常序数を使って表します。
 

英国式と米国式は、語尾・結語の違いもある

英文電子メールの頭語・結語でも、アメリカ式とイギリス式は違う形式を持っています。両方の形式が分かれば、送信者の国籍や、企業国籍を知ることもできます。

頭語の形式  
アメリカ式   Dear Ms. Green: (Msの後にピリオド。頭語の末尾に:(コロン)) 
イギリス式   Dear Ms Green, (Msの後にピリオドなし。頭語の末尾に,(カンマ))

※但し、プライベートな場合はアメリカ式でも末尾を(,)カンマにする場合や、カンマ自体を省略する場合があります。また、相手の名前が分からない場合や、フォーマルな場合には、頭語の末尾にイギリス式でも(:)コロンを入れるケースもあります。時に(;)セミコロンを使う場合もあります。

結語の形式  
アメリカ式  Sincerely yours, (副詞が前に来る)
イギリス式  Yours sincerely,  (副詞は後に来る)
※結語の場合は、英米どちらも、末尾は(,)カンマで終わります。


アメリカ式と、イギリス・欧州式とでは、細かい点が様々に異なります。日本人が使う場合には、英米いずれかに予め決めておくとよいでしょう。混合した場合は、間違いと受け取られかねませんので、英米いずれかに統一しておくのが望ましいと言えます。また、送信先の企業によっては、英米いずれかの形式を選択して送信することも時には必要です。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。