イギリスの困った水事情

イギリスに留学した時に、すぐに買うことを勧められたのは浄水器でした。日本ですと、浄水器は「よりおいしい水」のために求める物ですが、イギリスの場合は、「そうしないと飲めない」に近い感覚かもしれません。これからイギリスへ旅行や出張、留学の計画がある方は、事前に水事情について知っているとなにかと便利です。特に女性の方は、肌と髪を守るためにぜひ知っておくことをお勧めします。


電気ポットはミニ鍾乳洞?!

日本の水は軟水ですが、イギリスの水は硬水です(マグネシウムやカルシウムの含有量が少ないと軟水、多いと硬水と呼ばれます)。さらに、イギリスの水には石灰が含まれているため、お湯を沸かす電気ポットは大変なことになります。ミネラル分や石灰分がびっしりとこびりつき、さながら鍾乳洞のようになってしまうのです。重曹やクエン酸で定期的に掃除しないと、どんどん塊が増えて行きます。
pot

中は大変なことに!



硬水が身体に合わないとお腹をこわしてしまう方もいるので、短期滞在の方
はペットボトルで軟水(アメリカやフランスのブランドには軟水があります)をお勧めします。中長期間滞在する方は、すべてミネラルウォーターですと高くついてしまいますので、飲み水やお米を炊くのにはミネラルウォーター、通常の料理には浄水器を通した水道水、のように使い分けると良いと思います。

ちなみに、紅茶は硬水で入れた方がおいしいと言いますが、緑茶は緑にならず、茶色くなります!留学先でお点前の披露を企画している方は、必ず軟水を選んで下さいね。


お風呂は贅沢

日本では毎日お風呂に入るのが当たり前ですが、イギリスでは、お風呂はとても贅沢なものです。ロンドンのような都会ならいざ知らず、オックスフォード大学のような古い大学の寮や留学生向けの集合住宅では、贅沢の極みのひとつと言っても良いかもしれません。

イギリスでは、ほとんどの人がシャワーしか使いません。バスタブがない寮や集合住宅もたくさんあります。私が留学中に暮らしていた施設にも、シャワーだけでバスタブはありませんでした。「こんなに北にある寒い国なのに、なぜ湯に浸からんのだ?」と大いに疑問に感じたのですが、その背景には、日本では考えられないイギリスのお風呂事情があったのです。

次ページへ続きます。