ストレッチでむくみを防いでほっそり美脚に!

ストレッチ

むくみ足、お疲れ足にはストレッチがおすすめ

水分や脂肪がたまったムチムチの下半身、なんとかしたいですよね。運動不足や下半身の冷えにより、血行やリンパの流れが悪くなると、ますます下半身が太くなりやすいもの。

ストレッチで太ももやふくらはぎをほぐし、むくみ&疲れ知らずのスッキリとした脚を目指しましょう!

【INDEX】
・「太もも痩せストレッチ」で下半身スッキリ
・「ふくらはぎ痩せストレッチ」で本来の細さに
・「ふくらはぎマッサージ」でほっそり美脚へ
・「太ももとふくらはぎのストレッチ、マッサージ」を動画でチェック!


「太もも痩せストレッチ」で下半身スッキリ

まず、股関節や太ももの内側の「内転筋」を鍛えほぐしながら、滞りやすい下半身の血液やリンパの巡りをよくしていきましょう。

内ももは、下半身の血液を上半身に押し上げる大切な役割のある部位。じっくりと伸ばして下半身のむくみにアプローチしていきます。

1.手首の真下に足首がくるように、両脚を大きく開きます。
1

動作1


2.ゆっくりとひざを曲げ、手を膝の上に添えます。
2

動作2


3.大きく息を吸って、吐きながら左のひざをのぞき込むように上半身をひねります。右手は左ひざを後ろに押し出すように、太ももの内側、裏側、おしり周りを伸ばします。
3

動作3


ゆっくりと2の姿勢に戻り、反対側も同様に行いましょう。

【ポイント】
・ストレッチの時間は、3~5呼吸が目安
・動作中は、呼吸を止めないよう注意する


「ふくらはぎ痩せストレッチ」で本来の細さに

ふくらはぎは、下半身の中でも最もむくみが目立ちやすい部位ですよね。夜寝る前にはふくらはぎの筋肉を動かして、1日のむくみを解消しましょう。ストレッチで気持ちのよい刺激を加え、下半身の血液を心臓に送り返す「ミルキングアクション」を促してあげましょう。

1.正座姿勢になります。
1

動作1


2.左のひざを立てます。
2

動作2


3.大きく息を吸って、吐きながらゆっくりと上半身を傾けます。上半身の重みでふくらはぎを伸ばしていきます。
3

動作3


【ポイント】
・ストレッチの時間は10呼吸が目安
・動作中は、かかとが床から離れないように注意する


「ふくらはぎマッサージ」でほっそり美脚へ

このマッサージでは、下半身の血行を良くし、老廃物を流れやすくします。最後にリンパ節のあるひざ裏をギュッと指圧するのがポイントです。ふくらはぎ全体を気持ちよく刺激することができます。

1.両手を足首に添えます。
1

動作1


2.老廃物を押し流すイメージで、ふくらはぎをさすり上げます。
2

動作2


3.最後にリンパ節のあるひざの裏側のくぼみを親指で指圧します。左右それぞれ3~5回ずつ繰り返しましょう。
3

動作3


【ポイント】
・左右それぞれ3回~5回ほどマッサージする
・気持ちがいいと感じる強さで行う

太ももとふくらはぎのストレッチ、マッサージのやり方を動画でチェック!



お風呂あがりに今回ご紹介したストレッチを実践して1日の疲れを癒してからベッドに入ると、足の冷えも軽減され、心地よく眠りにつけます。

ストレッチを通じて下半身の巡りを良くすることで、余分なものがたまりにくいスッキリ美脚を目指しましょう。

撮影/泉 三郎 取材/北川 和子


【関連記事】
完全マスター!これで魅せれる美脚はあなたのもの
春準備!女性らしいふくらはぎをつくるヨガポーズ
完全マスター!これで魅せれる美脚はあなたのもの
ブーツを脱いでも脚に自信あり!簡単むくみケアの方法



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。