鍋の残り野菜が大変身!白菜とろとろクリーム煮うどん

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物うどん

 

うどんと相性抜群。豆乳で作る白菜のとろとろクリーム煮うどん

食卓にお鍋が登場することが多くなるこの時期。でも大きな白菜を買ってしまうと余りがちで、人数によっては1/4カットでも食べ切れないことがありますよね。連日お鍋では飽きてしまう……そんなときにおすすめなのが、豆乳で白菜をとろとろに煮込んだクリーム煮うどんです。

やさしい味わいの豆乳クリームは、なめらかな食感の冷凍『さぬきうどん』によく合います。実は白菜もうどんと相性抜群な食材のひとつなんです。クセがなく淡白でほのかな甘みがあるので、コシのあるさぬきうどんを引き立ててくれます。お鍋なら歯ごたえを残す程度に煮るのもおいしいですが、クリーム煮うどんの場合は白菜をとろとろに煮るのが断然おすすめです。白菜と一体となった豆乳クリームが、もちもちと弾力のあるうどんによく絡み、よりおいしく味わえます。仕上げにごま油(少々)を回しかけ、パクチーを添えてもおいしいですよ。

簡単に作れるのでお昼はもちろん、晩ご飯の一品や夜食にもおすすめ。冷凍『さぬきうどん』と合わせたレシピをぜひ試してみてください。


白菜とろとろクリーム煮うどんの材料(1人分

白菜とろとろクリーム煮うどんの材料
冷凍うどん テーブルマーク冷凍『さぬきうどん』1玉
鶏もも肉 50~75g
白菜 150g(1枚)
ねぎ 25g(1/4本)
ベーコン 20g(1枚)
サラダ油 小さじ2
豆乳 100cc(無調整豆乳)
片栗粉 小さじ1(同量の水で溶いておく)
塩こしょう 少々
【A】調味料
鶏ガラスープの素 小さじ1
中華ブイヨン 小さじ1
100cc

白菜とろとろクリーム煮うどんの作り方・手順

白菜とろとろクリーム煮うどんの作り方・手順

1:具材を切る

具材を切る
白菜はざく切り、ねぎは斜め薄切り、ベーコンは角切りします。鶏もも肉は小さめの一口大に切ります。

2:フライパンで具材を炒める

フライパンで具材を炒める
フライパンにサラダ油を熱し、鶏もも肉を皮目から焼きます。余白にベーコン、白菜の芯、ねぎを入れて同じフライパンで炒めます。白菜の芯が少し透き通ってきたら、白菜の葉を加えて炒めます。

3:冷凍『さぬきうどん』をレンジ加熱する

冷凍『さぬきうどん』をレンジ加熱する
冷凍『さぬきうどん』を電子レンジ600wで3分20秒加熱します(500wの場合3分30秒)。

4:【A】を加え3~4分煮る

【A】を加え3~4分煮る
鶏もも肉の両面に焼き色がついたら、【A】を加えて煮込みます。白菜の芯がトロッとするまで加熱します。

5:豆乳を加えて調味し、水溶き片栗粉でとろみをつける

豆乳を加えて調味し、水溶き片栗粉でとろみをつける
豆乳を加えてひと煮立ちしたら、塩こしょうで味を調えます。一度火を止め、水溶き片栗粉を回し入れます。再度中火にかけ、混ぜながら約1分とろみが出るまで加熱します。

6:うどんを加えて、よく和えて盛りつけ

うどんを加えて、よく和えて盛りつけ
レンジ加熱したさぬきうどんを加え、よく和えてください。お皿に盛りつけて召し上がれ。 濃い色の木の器に盛りつけると、あたたかみが出て、冬らしいスタイリングを楽しめます。


豆乳が分離してしまう……とお悩みの方は「温度差」に注意!

豆乳クリームが冷凍うどんにしっかり絡みます

豆乳クリームが冷凍うどんにしっかり絡みます


うどんと相性がいい豆乳ですが、調整と無調整のどちらを使ったらいいのか悩むことはありませんか? 大豆本来のおいしさを味わうには無調整豆乳がおすすめ。調整豆乳は成分を調整しているので飲みやすいのですが、甘味がついているものが多いからです。

また、豆乳は加熱すると分離してボロボロになってしまうことがあります。それを防ぐためには、あらかじめ煮込んだ具材に常温にしておいた豆乳を加えましょう。弱火でゆっくりあたためると分離しにくくなりますよ。また、調整豆乳の方が分離しにくくなります。とろっとおいしくうどんに絡む、なめらかなクリーム煮を作るためにぜひ役立ててくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。