りんごの皮はむきますか? むきませんか?

リンゴ

リンゴがおいしい季節がやってきました!

秋の採れたてのりんごは、皮がテリッ、果肉がシャキッ、ひと口食べれば抜群の甘みと酸味が! そのまま生で食べても、加工してジャムやスイーツにしてもおいしいですね。

ところで、皮はどうしていますか? りんごの皮は食べられる部位ではありますが、渋みや歯触りが気になって、苦手な人も多いようです。ただ、りんごの皮付近に多く含まれている栄養を食べずに逃してしまうのは、もったいない気もします。

そこで、どうしても皮をむきたい場合は、できるだけ薄くむくようにしましょう。 ここでは皮を薄くむく方法をいくつか紹介しますので、自分に合った方法でりんごをおいしくいただいてみてください!

基本の4ステップでりんごをむく方法

りんごを食べやすい大きさに切ってからむくので、数人でシェアするとき便利な切り方です。皮をむくとき、芯を取り除くとき、白い果肉をできるだけ残して切るよう心掛けてみましょう!

リンゴ

リンゴのむき方1

1.りんごを縦半分に切ります。

 
リンゴ

リンゴのむき方2

2.さらに半分に切ります。(8等分にする場合は、ここで、もう半分に切ります)

 
リンゴ

リンゴのむき方3

3.両側からV字に包丁を入れて芯を取り除きます。

 
リンゴ

リンゴのむき方4

4.りんごの皮を一切れずつむきます。

 
リンゴ

リンゴをむきました

できるだけ皮を薄く切ってみました!

 

くるくるとりんごを回してむく方法

地域よっては、こちらの方法が一般的なところもあるようです。りんごはお尻の方が重いので、逆さにして持つことで、安定感が増します。ペティナイフを用意し、刃元を当てて、りんご自身を動かしながら皮をむきます。

リンゴ

リンゴを丸ごとむくむき方1

1.左手でりんごを逆さにして持ちます。手の平に収まるくらい小ぶりのりんごだと、扱いやすいです。

 
リンゴ

リンゴを丸ごとむくむき方2

2.刃元の部分を皮に当て、リンゴを回しながら、皮を薄くむいていきます。

 
リンゴ

リンゴを丸ごとむくむき方3

3.ゆっくりとりんごを回していきます。ナイフを持つ手ではなく、果肉を持つ手を動かすのがコツです。

 
リンゴ

リンゴを丸ごとむきました

そのまま齧りついてもいいですし、食べやすい大きさに切った後に芯を切り除いてもいいでしょう。ただしりんごの果汁やべたべたが、手やまな板につくのでご注意を。

 

その他の道具を使ってりんごをむく方法

■ピーラ―でむく方法
リンゴ

リンゴをピーラ―でむく

ピーラ―を使えば、皮の厚さを一定にしてむくことができます。

 
リンゴ

リンゴをピーラ―でむきました

りんごは球体なので、しっかりとつかんでおかないと、すべりやすいです。指を切らないよう気をつけましょう。ピーラ―の形状にもよりますが、ピーラーの刃がりんごの皮を捕らえにくく、すべりやすいことがあるので、気をつけてください

 

■アップルカッター
リンゴ

アップルカッター1

りんごを8等分にし、芯と果肉を分けてくれる専門の道具、アップルカッターを使ってみます。100円均一ショップでも手に入れることができました。

りんごの上にアップルカッターを乗せ、持ち手に両手を乗せます。

 
リンゴ

アップルカッター2

一気に体重を乗せると、刃が果肉に入っていきます。下まで落とせば、果肉と芯がきれいに分かれます。自分でむくときより、きれいに芯を取り除くことができました。

皮が苦手な人は剥くといいでしょう。

※刃がかなり鋭く、しっかりと体重を乗せないと刃が果肉に通りませんので、お子さんが使用する際は、必ず大人がついているようにしてください。

 

次のページでりんごの色止めと栄養について解説しています>>