この平仮名には、このハングルを

韓国語,ハングル,ハングル文字,名前の書き方,表記法,固有名詞

この平仮名にはこのハングルを、というガイドラインがあります


ハングルを勉強したらまず書いてみたいもの、それは皆さんの名前ではないでしょうか。基本的にはそのままハングルを当てはめれば良いのですが、ちょっとした決まりやコツもあるようです。ハングルの「어」と「오」。読み仮名をふると、両方とも「オ」。

「우」と「으」は、読み仮名をふると「ウ」になりますね。「エ」も、「애」と「에」があるし……、どちらを使ったら良いのか悩ましいですね。
しかし、有難いことに、韓国の国立機関である『韓国国立国語院(韓国語)が、日本語のこの平仮名には、このハングルを対応させてください、と以下のように定めてくれています。

ハングル文字と五十音の対応表

あいうえお 아 이 우 에 오
かきくけこ 가 기 구 게 고
さしすせそ 사 시 스 세 소
たちつてと 다 지 쓰(※1) 데 도
なにぬねの 나 니 누 네 노
はひふへほ 하 히 후 헤 호
まみむめも 마 미 무 메 모
や ゆ よ 야 유 요
らりるれろ 라 리 루 레 로
わ   を 와 오
ㄴ(※2)

※1「스」は「す」なので、一般的には「주(ちゅ)」などが用いられることもあります。
※2「ん」の表記のしかたは、後ほどご説明します。

がぎぐげご 가 기 구 게 고
ざじずぜぞ 자 지 즈 제 조
だぢづでど 다 지 즈 데 도
ばびぶべぼ 바 비 부 베 보

きゃきゅきょ 갸 규 교
ぎゃぎゅぎょ 갸 규 교
しゃしゅしょ 샤 슈 쇼
じゃじゅじょ 자 주 조
ちゃちゅちょ 자 주 조
ひゃひゅひょ 햐 휴 효
びゃびゅびょ 뱌 뷰 뵤
ぴゃぴゅぴょ 퍄 퓨 표
みゃみゅみょ 먀 뮤 묘

例えば「井上(いのうえ)」さんは「이노우에」さん。「広美(ひろみ)」さんは、「히로미」さんとなりますね。

「か行」と「た行」の音が2文字目以降に来るとき

「か行」と「た行」の音が、名前の先頭でないときは、以下の文字を使います。

  • か き く け こ:카 키 쿠 케 코
  • た ち つ て と:타 치 쓰(※)테 토

※「쓰」は「す」なので、一般的には「츠(ちゅ)」などが用いられることもあります。

  • きゃ きゅ きょ:캬  큐  쿄
  • ちゃ ちゅ ちょ:차  추  초

例えば、「中田(なかた)」さん。「か」と「た」は、名前の先頭ではありませんね。それぞれ2文字目と3文字目なので、「카(か)と「타(た)」を使うのです。なぜ「가(か)」と「다(た)」を使わないのでしょう。

「ㄱ ㄷ ㅂ ㅈ」は、2文字目以降にきたときは、濁音(だくおん。ガ、ダなどの濁った音のこと)になります。「中田(なかた)」さんを「나가다」と書くと、「ながだ」と読めてしまうのです。よって、「나 카 타」と書き、濁らない音にしてあげることが必要になるのですね。

日本人の名前には、この「か行」と「た行」が2文字目以降に来る名前が、実はとても多いのです。私の名前の「幡野(はたの/하타노)」、「田中(たなか/다나카)」、「橋本(はしもと/하시모토」、「渡辺(わたなべ/와타나베」など……。このポイントはとても重要ですよ!

 

伸ばす音や「ん」などは、どう表記する?

■日本語の「伸ばす音」は、韓国語にはありません
「佐藤(さとう)」「京子(きょうこ)」など、日本語の「伸ばす音」はハングルでどう書いたら良いのでしょうか。実は韓国語には日本語でいうところの「伸ばす音」はありません。厳密に言うと、韓国語には「長音」といって「少し長めに発音する」音を持つ単語があることはあるのですが、日本語の感覚でいう「伸ばす音」を同じ発音でハングル表記することはできないのです。

ですから「佐藤(さとう)」さんは「사토(サト)」。「京子(きょうこ)」さんは「교코(キョコ)」となります。えーっ!そうなんです……。ちょっと違和感がありますよね。よって人によっては、「太郎(たろー)」を「다로우(たろう)」と書いたりする人もいます。

■苗字の一文字目と、名前の一文字目は「先頭」と考えます

「か行」と「た行」は、2文字目以降にくるときは、激音を使うと紹介しました。では、「たなか きよみ」さんの「き」は、1文字目扱いにするのでしょうか、2文字目以降の扱いにするのでしょうか。

「たなか〔名字〕 きよみ〔名前〕」とするときの「名前」の先頭は、1文字目として扱います。「×다나카 키요미」でなく、「○다나카 기요미」が正解です。

■日本語の「ん」は、どう表記する?

「ん」は「ㄴ(n)」と紹介しましたが、例えば「健太(けんた)」さん、「게ㄴ타」としてしまうのはNGです。そう、「ㄴ(n)」はパッチム(ハングルを読んでみましょう!~パッチム編)の位置に来るのです。「ㄴ」が「게」のパッチムの部分に入り込んで「겐」。「健太(けんた)」は、「겐타」が正解です。

■日本語の「つ」や「ざ」は、どう表記する?
日本語の「つ」は、韓国国立国語研究院の日本語表記法では、「쓰(す)」と定められていますが、これに違和感を持つ日本人は少なくありません。表記法どおりに書くと、「塚田(つかだ)」さんは、「쓰카다(すかだ)」さん。「筒井(つつい)」さんに至っては「쓰쓰이(すすい)」さんとなってしまうのです。

ですから日本人でも韓国人でも、日本語の「つ」を「츠(ちゅ)」や「쯔(ちゅ)」で表記する人が多いようです。「츠카다(ちゅかだ)」……、「쓰카다(すかだ)」よりは近い!のではないでしょうか。

また、韓国人の話す日本語「ありがとうございます」が、「ありがとごじゃいます」と聞こえることはありませんか?基本的に韓国語には「伸ばす音」がないことと、日本語の「ざ」には、韓国語の「자(じゃ、ぢゃ)」があてはまるためです。したがって、「小沢(おざわ)」さんなどは「오자와(おじゃわ)」と書き、自分で言うときは「おざわイムニダ」と発音する、言われるときは「おじゃわさん」と言われても気にしない、というスタンスでいくしかありませんね。

あまり規則にとらわれないことも大事

これまで、日本語の名前などの固有名詞を、ハングルでどう表記すれば良いか紹介してきました。しかし、これはあくまでも「ガイドライン」です。

「교꼬(京子/キョコ)」、「다나까(田中/タナカ)」など、濃音を使う人もいますし、「塚田(つかだ)」を「츠카다(ちゅかだ)」と書くか、「쓰카다(すかだ)」と書くか、「佐藤(さとう)」を「사토(さと)」と書くか、「사토우(さとう)」と書くかなどは、本人の好みの問題ともいえます。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。