韓国語の友達言葉「パンマル」の正しい使い方

アンニョンハセヨ? これまで、「韓国語の謙譲語・尊敬語」シリーズや、記事「「~ヨ」で話す? 「~スムニダ」で話す?」などで、韓国語の敬語については多く取り上げてきましたが、今回はパンマル(友達言葉)についてお届けしたいと思います。

韓国語を学んで月日が経ち、韓国、韓国人との付き合いが深くなると、パンマルを使う友達ができたりするかもしれません。また逆に、韓国人の親しい友達ができて片言のパンマルで会話をし、それから本格的に韓国語を学ぶ方もいらっしゃるでしょうね。

前者の方の特徴としては、韓国語の丁寧語で話すことだけに慣れてしまっていて、文法的な知識や練習、慣れが必要なパンマルをなかなか使いこなせないこと。後者の方の特徴としては、丁寧語で話さないといけないシチュエーションでパンマルが口について出てしまい、周囲を驚かせてしまうことが多いことです。

いずれにしても、ふさわしいシチュエーションでパンマルを使いこなせるようになるといいですね。そのパンマルについて理解を深める前に、韓国語の待遇法についておさらいし、パンマルとはどの位置に属するのか見てみたいと思います。

韓国語の待遇法

がぞう

韓国語には6種類もの待遇法があります

待遇法とは、話し手が聞き手に対してどのような態度で話しているか、どのように「待遇」しているかを表すもので、用言(動詞、形容詞)の終止形によって表されます。韓国語の待遇法はなんと、6つの段階があります。格式体(新聞やスピーチで使える)に属するのがそのうち4つ「합니다(ハムニダ)体」「하오(ハオ)体」「하네(ハネ)体」「한다(ハンダ)体」、非格式体(新聞やスピーチで使えない)に属するのが2つ「해요(ヘヨ)体」「해(ヘ)体」です。

格式体の「하오体」などは、韓国の時代劇などでよく耳にすることがあるでしょう。しかし、一般的に触れることが多いのはその6つの中の4つ、「합니다体」、「한다体」、「해요体」、「해体」です。

このうち、丁寧語にあたる「합니다体」「해요体」については、記事「「~ヨ」で話す? 「~スムニダ」で話す?」で扱いました。そこで今回は、親しい間柄で使う「한다体」と「해体」について、詳しく説明してみたいと思います。

「한다体」と「해体」の終止形語尾

まず、「한다体」は、格式体の中でも最も丁寧さの度合いが低く、話し言葉ではかなり親しい間柄で使われ、書き言葉では新聞記事や作文などで用いられます。韓国語能力試験(TOPIK)の作文などは、この表現で書くことが望ましいです。

そしてもう一方の「해体」は、非丁寧体である「해요体」の「요」を取った形です。半分の言葉(반말(パンマル[半-]))と言われるゆえんです。話し言葉として使われ、一般的に友達や年下の人に対して使われますが、少し歳が上のごく親しい人や、家庭によっては両親や兄姉にも使っている、という人も少なくありません。
画像

ハンダ体とヘ体の終止形語尾一覧

こちらは「한다体」と「해体」の語尾一覧です。ドラマなどで、親しい間柄の人々が発する語尾は、このようにカテゴリ分けされるわけですね。

次のページでは、これらの例文を見てみたいと思います。普段よく耳にするものもあると思いますよ。