アンニョンハセヨ? 韓国語の学習は進んでいますか? これまで、知っておきたい韓国語の動詞として、「行く」「来る」「見る」、そして「食べる」などをお届けしてきました。今回お届けするのは、「する」の「하다(ハダ)」。実はこの「하다(ハダ)」は、「勉強する」「握手する」など、前に「勉強」、「握手」などの名詞を付けるだけで、いろんな動詞に早変わりする優れモノ。また、「する」以外の意味も持つんですよ。これは知らずにいられません。早速見てみましょう!

「する」は「ハダ」

 します
「する」は、「하다」。「します」は……?
  • 하다

このハングルを読んでみましょう。そう、「ハダ」ですね。これは「する」という動詞です。

「하다」は、原型(辞書型)です。日本語でも、話すときは「する」ではなく、「します」とか、「しました」とか、語尾が変化しますよね。韓国語も一緒。今回は「します」を練習してみましょう。

「します」の韓国語は?

  • 해요

読んでみましょう。「ヘヨ」ですね。これは「します」という意味です。原型は「하다」なのに、「します」だと「해요」……、なんだかとても変化しちゃってる! どうして!? と戸惑われた方のためにちょっと解説(文法は好きじゃない! または、活用はバッチリ! という方は、★印まで飛んでください。それでも大丈夫です)。

韓国語の動詞、形容詞の原型(辞書型)は、すべて「가(行く)」、「오(来る)」のように、最後が「다」で終わります。基本的に、「다」を取って残る文字の「母音」が、「ㅏ」か「ㅗ」ならば、「아요(アヨ/~ます)」が付き、それ以外の母音は、「어요(オヨ/~ます)」が付きます。

「하다」の、「다」を取ると、「하」で、この母音は「ㅏ」だから、「아요(アヨ/~ます)」が付くか……というとそうではなく、実はこの「하다」は例外で、「여요(ヨヨ/~ます)」が付きます。すると、「하여요(ハヨヨ)」ですね。しかし、一般的な会話などでは、これを「해요(ヘヨ)」ということがほとんどです。なので、「します」は、「해요(ヘヨ)」と、まずは覚えておきましょう。

★それでは、「します」の「해요」を5回読んでみましょう。さん、ハイ!

해요(ヘヨ), 해요, 해요, 해요, 해요……。

はい、そうです。「します」の韓国語を言うことができました! お手元にペンとメモのある方は、書きながら5回、言ってみてください。

해요(ヘヨ), 해요, 해요, 해요, 해요……。

はい、OKです。次のページで、「해요(ヘヨ/します)」を、「勉強します」、「理解します」などの文章に変えてみましょう!