韓国語で봐요の意味とは

韓国語で봐요の意味とは

アンニョンハセヨ? 韓国語の学習は進んでいますか?
今回は、韓国語の「見る」という動詞に着目し、ある重要文法を抑えながら会話をしてみましょう!
   

보다……「ハリポダ」を「見る」

「ハリポダ」を「見る」で覚えよう!

「ハリポダ」を「見る」で覚えよう!

  • 보다
このハングルを読んでみましょう。そう、「ポダ」ですね。これは「見る」という動詞です。これまで「カダさんが行く」、「オダさんが来る」と覚えたように、今回は‘「ハリポダ」を「見る」’で覚えてください(笑)!

「보다」は、原型(辞書型)です。日本語でも、話すときは「見る」ではなく、「見ます」とか、「見るでしょう」とか、語尾が変化しますよね。韓国語も一緒。今回は「見ます」を練習してみましょう。
 

봐요……「見ます」の韓国語

  • 봐요
読んでみましょう。「ポァヨ」ですね。これは「見ます」という意味です。原型は「보다」なのに、「見ます」だと「봐요」……、なんだかとても変化しちゃってる! どうして!? と戸惑われた方のためにちょっと解説(文法は好きじゃない! または、活用はバッチリ! という方は、★印まで飛んでください。それでも大丈夫です)。

韓国語の動詞、形容詞の原型(辞書型)は、すべて「가다(行く)」、「오다(来る)」、「보다(見る)」のように、最後が「다」で終わります。今回の「보다」の場合、「다」を取ると……「보」ですね。基本的に、「다」を取って残る文字の「母音」が、「ㅏ」か「ㅗ」ならば、「아요(アヨ/~ます)」が付き、それ以外の母音は、「어요(オヨ/~ます)」が付きます。

「보다」から「다」を取って、残った文字は「보」。「보」は、母音「ㅗ」が含まれていますね。すると、「보+아요」で、「보아요」です。この中の「보(ポ)」と「아(ア)」を、くっつけて速く言ってみてください。「보아 보아(ポアポア)……(ポァ)」そう、「봐(ポァ)」です。したがって、「봐요(ポァヨ)」となります。ほとんど「パヨ」に近い読み方をしますよ。

★それでは、「見ます」の「봐요」を5回読んでみましょう。さん、ハイ!

봐요(ポァヨ), 봐요, 봐요, 봐요, 봐요……。

はい、そうです。「見ます」の韓国語を言うことができました! お手元にペンとメモのある方は、書きながら5回、言ってみてください。

봐요(ポァヨ), 봐요, 봐요, 봐요, 봐요……。
 

「~を見ます」で、話してみよう!

「新聞を見ます」がもう話せますよ!

「新聞を見ます」がもう話せますよ!

「텔레비전을 봐요」
読んでみましょう。「テレビジョヌル ポァヨ」ですね。「텔레비전(テレビジョン)」は「テレビ」、「을(ウル)」は「~を」という意味の重要な助詞です。

「텔레비전」のように、パッチムで終わっている単語には「을(ウル)」が来て、「드라마(ドゥラマ/ドラマ)」のようにパッチムで終わっていない単語には「를(ルル)」が来ます。よって、「~을(를) 봐요」で、「~を見ます」という意味です。

「텔레비전을 봐요(テレビジョヌル パヨ/テレビを見ます」、「드라마를 봐요(ドゥラマルル パヨ/ドラマを見ます)」ですね。

それでは、皆さんがよく見るであろうものを5つほど挙げてみます。それぞれに「~을(를) 봐요(~ウル(ルル) パヨ/~を見ます)」を付けて話してみてください。
  • 영화(ヨンファ/映画)
영화를 봐요.(ヨンファルル パヨ/映画を見ます)
ゆっくりと、10回言ってみてください。途中、文字を見ないで言ってみてください。
  • 뉴스(ニュス/ニュース)
뉴스를 봐요.(ニュースルル パヨ/ニュースを見ます)
ゆっくりと10回、見ないで言ってみましょう。
  • 책(チェッ/本)
책을 봐요.(チェグル パヨ/本を見ます)
※ 「책」+「을」で、「chek」+「ul」。くっついて、「chekul」。「k」は、語頭でないときは「g」に濁るのでしたね。(詳しくは「ハングルを読んでみましょう!~基本子音編」を参考に)ですから、「chegul(チェグル)」となります。
それでは、ゆっくりと10回、見ないで言ってみましょう。
  • 신문(シンムン/新聞)
신문을 봐요. (シンムヌル パヨ/新聞を見ます)
※「신문」+「을」で、「shinmun」+「ul」。くっついて、「shinmunul」。ですので、「シンムヌル」となります。
ゆっくりと10回、見ないで言ってみましょう。
  • 인터넷(イントネッ/インターネット)
인터넷을 봐요. (イントネスル パヨ/インターネットを見ます)
※「인터넷」+「을」で、「intones」+「ul」。くっついて、「intonesul」。ですので、「イントネスル」となります。
ゆっくりと10回、見ないで言ってみましょう。

はい、よくできました!これで、「보다(ポダ/見る)」という動詞はバッチリですね。大きい声で、立ち上がって話してみてくださいね。この調子で、どんどん単語を増やし、文章を話せるようにしていきましょう!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。