値札
「얼마예요?(オルマエヨ/いくらですか?)」 と聞いても、値段が聞き取れなくてガッカリ……。
「얼마예요?(オルマエヨ/いくらですか?)」 韓国旅行の経験がある人なら、誰でも知っているフレーズかもしれません。しかし、問題はそのあと……。言われた値段が聞き取れないから、恐くて聞けない! または、筆談になってしまった! そんな方は多いのではないでしょうか。

せっかく「일, 이, 삼(イル、イ、サム/1,2,3)……」 と数字を勉強しても、数字の大きい韓国ウォンの世界となると、それはまったく別物に早変わり。何十万という数字が全く聞き取れず、途方に暮れたこともあるのでは。そこで今回は、値段を正確に言い、聞くことができるコツについてお届けしたいと思います。

コツ、その1! ~大きい数に慣れよう

「25ドル」、「3ユーロ」など、数が小さいと、外国語を話す身としては助かりますよね。その点においては、韓国語は最悪な(笑)部類にはいるかもしれません。日本円の100円は、韓国ウォンにすると約900ウォン(2008年1月現在)。ちょっと大きな買い物をすると「何十万ウォンです」 と言われてびっくり! なんだかすごく高い買い物をしたような気分になります。

韓国旅行では、数十万ウォンの買い物や飲食を経験する可能性が出てきますよね。そこで早速、「千」、「万」、「十万」 の韓国語を見てみましょう。

  • 千:천(チョン)

早速、千から9千まで数えてみましょう。さん、ハイ! 「천(チョン→1の일は、付きません), 이천(イチョン), 삼천(サムチョン), 사천(サチョン), 오천(オチョン), 육천(ユッチョン), 칠천(チルチョン), 팔천(パルチョン), 구천(クチョン)」……。そうです! 何度も、何度も言ってみてくださいね。

  • 万:만(マン)

早速、1万から9万まで数えてみましょう。さん、ハイ! 「만(マン→1の일は、付きません), 이만(イマン), 삼만(サンマン), 사만(サマン), 오만(オマン), 육만(ユンマン→鼻音化の発音に注意!), 칠만(チルマン), 팔만(パルマン), 구만(クマン)」……。そうです! 何度も、何度も言ってみてくださいね。

  • 十万:십만(シンマン)

ここまで来たら、なんとなく韓国語の数字の言い方が分かってくるかもしれませんね。10万から90万まで数えてみましょう。さん、ハイ! 「십만(シンマン→1の일は、付きません。鼻音化に注意), 이십만(イシンマン), 삼십만(サムシンマン), 사십만(サシンマン), 오십만(オシンマン), 육십만(ユッシンマン), 칠십만(チルシンマン), 팔십만(パルシンマン), 구십만(クシンマン)」……。そうです! 何度も、何度も言ってみてくださいね。

うーん、実際の値段はこんなにシンプルに聞こえないけど……。それもそのはず。次ページで見てみましょう!