韓国語で値段を表現しよう!数字の読み方・聞き取りのコツ

「얼마예요?(オルマエヨ/いくらですか?)」 と聞いても、値段が聞き取れなくてガッカリ……。

「얼마예요?(オルマエヨ/いくらですか?)」 韓国旅行の経験がある人なら、誰でも知っているフレーズかもしれません。しかし、問題はそのあと……。言われた値段が聞き取れないから、恐くて聞けない! または、筆談になってしまった! そんな方は多いのではないでしょうか。

せっかく「일, 이, 삼(イル、イ、サム/1,2,3)……」 と数字を勉強しても、数字の大きい韓国ウォンの世界となると、それはまったく別物に早変わり。何十万という数字が全く聞き取れず、途方に暮れたこともあるのでは。そこで今回は、値段を正確に言い、聞くことができるコツについてお届けしたいと思います。
   

韓国語の値段聞き取りコツ1:大きい数に慣れよう

「25ドル」、「3ユーロ」など、数が小さいと、外国語を話す身としては助かりますよね。その点においては、韓国語は最悪な(笑)部類にはいるかもしれません。日本円の100円は、韓国ウォンにすると約1070ウォン(2019年11月現在)。ちょっと大きな買い物をすると「何十万ウォンです」 と言われてびっくり! なんだかすごく高い買い物をしたような気分になります。

韓国旅行では、数十万ウォンの買い物や飲食を経験する可能性が出てきますよね。そこで早速、「千」、「万」、「十万」 の韓国語を見てみましょう。
 
  • 千:천(チョン)
早速、千から9千まで数えてみましょう。さん、ハイ! 「천(チョン→1の일は、付きません), 이천(イチョン), 삼천(サムチョン), 사천(サチョン), 오천(オチョン), 육천(ユッチョン), 칠천(チルチョン), 팔천(パルチョン), 구천(クチョン)」……。そうです! 何度も、何度も言ってみてくださいね。
 
  • 万:(マン)
早速、1万から9万まで数えてみましょう。さん、ハイ! 「만(マン→1の일は、付きません), 이만(イマン), 삼만(サンマン), 사만(サマン), 오만(オマン), 육만(ユンマン→鼻音化の発音に注意!), 칠만(チルマン), 팔만(パルマン), 구만(クマン)」……。そうです! 何度も、何度も言ってみてくださいね。
 
  • 十万:십만(シンマン)
ここまで来たら、なんとなく韓国語の数字の言い方が分かってくるかもしれませんね。10万から90万まで数えてみましょう。さん、ハイ! 「십만(シンマン→1の일は、付きません。鼻音化に注意),이십만(イシンマン), 삼십만(サムシンマン), 사십만(サシンマン), 오십만(オシンマン), 육십만(ユッシンマン), 칠십만(チルシンマン), 팔십만(パルシンマン), 구십만(クシンマン)」……。そうです! 何度も、何度も言ってみてくださいね。
 

韓国語の値段聞き取りコツ2:「連音化」などの音韻変化に慣れよう

屋台で食べ物の値段を聞くときも、瞬間的に値段を理解したい!

屋台で食べ物の値段を聞くときも、瞬間的に値段を理解したい!

「떡볶이는 천오백원이에요(トッポッキヌン チョノベゴニエヨ)」。これは、「トッポッキは1,500ウォンです」 という意味ですが、「천오백원이에요」 の実際の発音は〔처노배궈니에요(チョノベゴニエヨ)〕 と「連音化」 のオンパレード(「連音化って何だっけ?」 と思ったらこちら)。

数字だけならまだしも、「원(ウォン)」 という韓国通過の単位に付くときも連音化します。これは「엔(円/エン)」 という日本の通貨の単位に付いても一緒。例えば、3万円は、「삼만엔(サンマネン〔삼마〕)」 となります。

先ほど、千、万、十万の数字を言ってみたときも、いくつか鼻音化していた数字がありましたね。それらの音韻変化のポイントを抑えていないと、いくら聞いても聞くことができない! ということになってしまいます。

ここで、数字を話す際に起こりやすい音韻変化について見てみましょう。

連音化の例

・ 「1,500ウォン」 は、「천오백원이에요」 と書いて、〔처궈니에요〕 と読みます
・ 「12,000ウォンです」 は、「만이천원이에요」 と書いて、〔마눠니에요〕 と読みます
・ 「920円です」 は、「구백이십엔이에요」 と書いて、〔구배베니에요〕 と読みます

実際の発音を示す〔  〕内のハングルを、何回も読んで連音化した数字に慣れてくださいね!

鼻音化の例

・ 「6万ウォンです」 は、「육만원이에요」 と書いて、〔마눠니에요〕 と読みます
・ 「30万ウォンです」 は、「삼십만원이에요」 と書いて、〔삼마눠니에요〕 と読みます
・ 「百万ウォンです」 は、「백만원이에요」 と書いて、〔만원이에요〕 と読みます

実際の発音を示す〔  〕内のハングルを、何回も読んで連音化した数字に慣れてくださいね!

どうでしょう? 音韻変化が起こると、なんだか随分発音が変わった気がしますよね。しかし実際のところは、それに慣れないと値段の聞き取りは難しいのです。これは練習あるのみ! 
 

韓国語の値段聞き取りコツ3:たくさん聞き、言ってみよう

100回、200回……、何度も言ってみよう!

100回、200回……、何度も言ってみよう!

それでは、早速練習をしてみましょう。次に書いてある値段を、例にならってハングルに変え、変えたらそれを実際の発音に置き換えてみてください。お手元のメモ用紙にどうぞ。もちろん、大きな声で何度も読む練習を忘れずに。答えは下にあります。まずは答えを見ないで頑張ってみてください!

【例】
値段     ハングル文字へ   実際の発音に
300원이에요 → 삼백원이에요 → [삼배궈니에오]

1.6,850ウォンです→ハングル文字へ→ [実際の発音に]
2.17,500ウォンです→ ハングル文字へ→ [実際の発音に]
3.463,200ウォンです→ ハングル文字へ→ [実際の発音に]
4.100円です→ ハングル文字へ→ [実際の発音に]
5.1,890円です→ ハングル文字へ→ [実際の発音に]

========================================
<答>
1.6,850ウォンです→육천팔백오십원이에요→ [육천팔배고시붜니에요]
2.17,500ウォンです→ 만칠천오백원이에요→ [만칠처노배궈니에요]
3.463,200ウォンです→ 사십육만삼천이백원이에요→ [사심늉만삼처니배궈니에요]
4.100円です→ 백엔이에요→ [배게니에요]
5.1,890円です→ 천팔백구십엔이에요→ [천팔백구시베니에요]

※ 数字は、韓国人同士でも理解しにくいときがあります。なので、連音せず、数字を一つずつ区切って話したりもします。

いかがでしたか?この例文だけでも何度も何度も発音して、大きい数の発音に慣れてくださいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。