韓国に行ってハングル文字の嵐にクラクラしてしまった経験はありませんか? 飛行機で数時間の隣の国なのに、街中に溢れるのは訳の分からないハングル文字ばかり。ちょっとショッキングな光景です。

しかし、そのハングル文字はアルファベットを読む感覚で読めるんです。まずは、ハングル文字の仕組みと読み方を勉強してみましょう。

ハングルは子音と母音の組み合わせを覚えるだけ。簡単!

sejong
ハングルを編み出したヒーロー、世宗大王
ハングル文字は子音と母音の組み合わせで読みます。いきなり「子音」「母音」と言われて「ヒー!」と思った方のために簡単に解説。アルファベットで「ka」と書くと、「カ」と読みますね。その「k」の部分を「子音」、「a」の部分を「母音」と呼びます。そんな要領でハングル文字も読める、ということです。

さて、「ㄱ」というハングル文字の子音があります。これは「k」の音になります。「ㅏ」というハングル文字の母音があります。これは「a」の音になります。まず最初に子音「ㄱ」がきて、次に母音「ㅏ」がきます。「ㄱ(k)」 + 「ㅏ(a)」 = 「가(ka)」。よって「가」は、「カ」と読みます。簡単でしょう? さあ、楽しくなってきました。もう一文字読んでみましょう。

まず最初に子音「ㅅ (←これは「s」の音です)」がきて、次に母音「ㅜ (←これは「u」の音です)」がきます。「ㅅ(s)」 + 「ㅜ(u)」 = 「수(su)」。よって「수」は「ス」と読みます。

そして、先ほどの「가」と「수」を組み合わせると、「가수(カス)」となります。カス、カス……カシュ……。そう、歌手のことを韓国語で「가수」といいます。韓国語の単語は日本語と同じく、70%が漢字からきています。ハングルで表記されているので「訳が分からない」という印象を与えてしまいますが、実は「가수=歌手」のように、日本人にすぐ分かる単語が多いのです。

母音と子音の位置はこのように決まる!

母音の位置にも規則性があります。母音が子音の右横に来るか(例:「가」)、下に来るか(例:「수」)は、母音の長い棒の向きによって決まります。

「ㅏ」のように、母音に「縦に長い棒」が入っているときは、「ㄱ」+「ㅏ」=「가」と、母音は子音の横にきます。「ㅜ」のように、母音に「横に長い棒」が入っているときは、「ㅅ」+「ㅜ」=「수」と、母音は子音の下にきます。

ここまで分かれば、あとはいろんなハングルを読んでみるだけ! 楽しい世界が待っています。