ハングルの基礎である母音を勉強しよう

ハングルの基礎である母音を勉強しよう


韓国に行ってハングル文字の嵐にクラクラしてしまった経験はありませんか? 飛行機で数時間の隣の国なのに、街中に溢れるのは訳の分からないハングル文字ばかり。ちょっとショッキングな光景です。

しかし、そのハングル文字はアルファベットを読む感覚で読めるんです。まずは、ハングル文字の仕組みと読み方を勉強してみましょう。
   

ハングルの基礎は、子音と母音の組み合わせを覚えるだけ。簡単!

ハングルの生みの親
ハングルを編み出したヒーロー、世宗大王
ハングル文字は子音と母音の組み合わせで読みます。いきなり「子音」「母音」と言われて「ヒー!」と思った方のために簡単に解説。アルファベットで「ka」と書くと、「カ」と読みますね。その「k」の部分を「子音」、「a」の部分を「母音」と呼びます。そんな要領でハングル文字も読める、ということです。

さて、「ㄱ」というハングル文字の子音があります。これは「k」の音になります。「ㅏ」というハングル文字の母音があります。これは「a」の音になります。まず最初に子音「ㄱ」がきて、次に母音「ㅏ」がきます。「ㄱ(k)」 + 「ㅏ(a)」 = 「가(ka)」。よって「가」は、「カ」と読みます。簡単でしょう? さあ、楽しくなってきました。もう一文字読んでみましょう。

まず最初に子音「ㅅ (←これは「s」の音です)」がきて、次に母音「ㅜ (←これは「u」の音です)」がきます。「ㅅ(s)」 + 「ㅜ(u)」 = 「수(su)」。よって「수」は「ス」と読みます。

そして、先ほどの「가」と「수」を組み合わせると、「가수(カス)」となります。カス、カス……カシュ……。そう、歌手のことを韓国語で「가수」といいます。韓国語の単語は日本語と同じく、70%が漢字からきています。ハングルで表記されているので「訳が分からない」という印象を与えてしまいますが、実は「가수=歌手」のように、日本人にすぐ分かる単語が多いのです。
 

ハングルの母音と子音の位置はこのように決まる!

母音の位置にも規則性があります。母音が子音の右横に来るか(例:「가」)、下に来るか(例:「수」)は、母音の長い棒の向きによって決まります。

「ㅏ」のように、母音に「縦に長い棒」が入っているときは、「ㄱ」+「ㅏ」=「가」と、母音は子音の横にきます。「ㅜ」のように、母音に「横に長い棒」が入っているときは、「ㅅ」+「ㅜ」=「수」と、母音は子音の下にきます。

ここまで分かれば、あとはいろんなハングルを読んでみるだけ! 楽しい世界が待っています。
 

ハングルの基礎的な10の母音を覚えてみよう

■「ㅏ, ㅑ(ア、ヤ)」
a
言ってみましょう。さんハイ、「ㅏ(ア)」、「ㅑ(ヤ)」@(株)スペースアルク

先ほど母音の「ア」という文字が出てきました。そう、ハングルで書くと「ㅏ」、発音は日本語の「ア」とほぼ同じです。一緒に言ってみましょう。さんハイ、「ㅏ(ア)」。

そうです! では、そのままの口の形で、「ヤ」と行ってみてください。さんハイ、「ㅑ(ヤ)」。これが「ㅑ(ヤ)」です。「ㅏ(ア)」横の短い棒が一本増えただけですね。


■「ㅓ, ㅕ(オ、ヨ)」
 o1
言ってみましょう。さんハイ、「ㅓ(オ)」、「ㅕ(ヨ)」@(株)スペースアルク

では、次に行きますね。「ㅏ(ア)」、「ㅑ(ヤ)」の口がゆるんだままの状態で「オ」と言ってみてください。少し口の形が変わるのは仕方がありませんが、つとめてそのままで。これが「ㅓ(オ)」です。言ってみましょう。「ㅓ(オ)」。

はい、OKです。では、そのままの口の形で、「ヨ」と行ってみてください。さんハイ、「ㅕ(ヨ)」。これが「ㅕ(ヨ)」です。「ㅓ(オ)」横の短い棒が一本増えただけですね。


■「ㅗ, ㅛ(オ、ヨ)」
o2
言ってみましょう。さんハイ、「ㅗ(オ)」、「ㅛ(ヨ)」@(株)スペースアルク

では次です。先ほど、ゆるんだ大きめの口で「オ」と言ってみましたね。今度は唇を前に突き出す感じで「オ」と言ってみてください。さんハイ、「ㅗ(オ)」。これが「ㅗ(オ)」です。

日本語のカタカナで書くと「オ」としか書くことができないのですが、韓国人はしっかり「ㅓ(オ)」と「ㅗ(オ)」を区別していますよ。「ㅗ(オ)」は、唇を突き出すのがポイントです。

では、そのままの口の形で、「ヨ」と行ってみてください。さんハイ、「ㅛ(ヨ)」。これが「ㅛ(ヨ)」です。「ㅗ(オ)」縦の短い棒が一本増えただけですね。


■「ㅜ, ㅠ(ウ、ユ)」
u1
言ってみましょう。さんハイ、「ㅜ(ウ)」、「ㅠ(ユ)」@(株)スペースアルク

では次です。そのままの突き出した口で「ウ」と言ってみてください。さんハイ、「ㅜ(ウ)」。これが「ㅜ(ウ)」です。良くできました!

では、そのままの口の形で、「ユ」と行ってみてください。さんハイ、「ㅠ(ユ)」。これが「ㅠ(ユ)」です。「ㅜ(ウ)」縦の短い棒が一本増えただけですね。


■「ㅡ, ㅣ(ウ、イ)」
 u2
言ってみましょう。さんハイ、「ㅡ(ウ)」@(株)スペースアルク

最後の2つです。唇を横に引いてニコッと笑ってみてください。そのままの口で「ウ」と言ってみましょう。さんハイ、「ㅡ(ウ)」。これが「ㅡ(ウ)」です。ハングルがただの横棒になっていますね。まさに今の口の形といえましょう。

 
 i
言ってみましょう。さんハイ、「ㅣ(イ)」@(株)スペースアルク
そして一気にもう一つの母音へ。横に引いた唇のまま「イ」と言ってみてください。さんハイ、「ㅣ(イ)」。これが「ㅣ(イ)」です。

以上がハングル文字の基本母音です。
 

ハングルの合成母音を読んでみよう

■「ㅐ(エ)」
e
母音「ㅏ」と「ㅣ」が合わさって、「ㅐ(エ)」

ここからは、これまでご紹介した基本母音が合わさった「合成母音」をご紹介します。

基本母音の「ㅏ」がありますね。その横に「ㅣ」の母音を付けます。「ㅏ」の横に「ㅣ」で、「ㅐ」。これを「ㅐ(エ)」と読みます。音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「애(エ)」。そうです!


■「ㅒ(イェ)」
ie
母音「ㅑ」と「ㅣ」が合わさって、「ㅒ(イェ)」

基本母音の「ㅑ」がありますね。その横に「ㅣ」の母音を付けます。「ㅑ」の横に「ㅣ」で、「ㅒ」。これを「ㅒ(イェ)」と読みます。音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「얘(イェ)」。よくできました!


■「ㅔ(エ)」
e
母音「ㅓ」と「ㅣ」が合わさって、「ㅔ(エ)」

基本母音の「ㅓ」がありますね。その横に「ㅣ」の母音を付けます。「ㅓ」の横に「ㅣ」で、「ㅔ」。これを「ㅔ(エ)」と読みます。音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「에(エ)」。

この「ㅔ(エ)」と、先ほど勉強した「ㅐ(エ)」の違いですが、本来は微妙な音の違いを持ちます。しかし、いまでは韓国人のほとんどが区別なく発音していますので、「同じ発音」と思っていてください。


■「ㅖ(イェ)」
ie
母音「ㅕ」と「ㅣ」が合わさって、「ㅖ(イェ)」

基本母音の「ㅕ」がありますね。その横に「ㅣ」の母音を付けます。「ㅕ」の横に「ㅣ」で、「ㅖ」。これを「ㅖ(イェ)」と読みます。音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「예(イェ)」。

この「ㅖ(イェ)」と、先ほど勉強した「ㅒ(イェ)」も、本来は微妙な音の違いを持ちますが、いまでは韓国人のほとんどが区別なく発音しています。なので、「同じ発音」と思っていてください。


■「ㅘ(ワ)」
 woa
母音「ㅗ」と「ㅏ」が合わさって、「ㅘ(ワ)」

基本母音の「ㅗ」がありますね。その横に「ㅏ」の母音を付けます。「ㅗ(オ)」と「ㅏ(ア)」をくっつけて、すばやく読んでみてください。「オアオアオア……ワ」。そう、「ㅘ」は「ワ」と読みます。音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「와(ワ)」。そうです!


■「ㅙ(オェ)」
 oe
母音「ㅗ」と「ㅐ」が合わさって、「ㅙ(オェ)」

基本母音の「ㅗ」がありますね。その横に、先ほど勉強した「ㅐ」の母音を付けます。「ㅗ(オ)」と「ㅐ(エ)」をくっつけて、すばやく読んでみてください。「オエオエオエ……オェ」。そう、「ㅙ」は「オェ」と読みます。音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「왜(オェ)」。よくできました!


■「ㅚ(オェ)」
 oe
母音「ㅗ」と「ㅣ」が合わさって、「ㅚ(オェ)」

基本母音の「ㅗ」がありますね。その横に、「ㅣ」の母音を付けます。上で勉強した「ㅘ(ワ)」や「ㅙ(オェ)」を読んだ調子で読むと、「ㅗ(オ)」と「ㅣ(イ)」だから、「オイ」! と行きたいところなのですが、ごめんなさい、例外的にこの母音は「ㅚ(オェ)」と読みます。では、音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「외(オェ)」。OKです!


■「ㅝ(ウォ)」
 uo
母音「ㅜ」と「ㅓ」が合わさって、「ㅝ(ウォ)」

基本母音の「ㅜ」がありますね。その横に、「ㅓ」の母音を付けます。「ㅜ(ウ)」と「ㅓ(オ)」をくっつけて、すばやく読んでみてください。「ウオウオウオ……ウォ」。そう、「ㅝ」は「ウォ」と読みます。音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「워(ウォ)」。よくできました!


■「ㅞ(ウェ)」
 ue
母音「ㅜ」と「ㅔ」が合わさって、「ㅞ(ウェ)」

基本母音の「ㅜ」がありますね。その横に、先ほど勉強した「ㅔ」の母音を付けます。「ㅜ(ウ)」と「ㅔ(エ)」をくっつけて、すばやく読んでみてください。「ウエウエウエ……ウェ」。そう、「ㅞ」は「ウェ」と読みます。音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「웨(ウェ)」。よくできました!


■「ㅟ(ウィ)」
 ui
母音「ㅜ」と「ㅣ」が合わさって、「ㅟ(ウィ)」

基本母音の「ㅜ」がありますね。その横に、「ㅣ」の母音を付けます。「ㅜ(ウ)」と「ㅣ(イ)」をくっつけて、すばやく読んでみてください。「ウイウイウイ……ウィ」。そう、「ㅟ」は「ウィ」と読みます。音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「위(ウィ)」。よくできました!


■「ㅢ(ウィ)」
 ui
母音「ㅡ」と「ㅣ」が合わさって、「ㅢ(ウィ)」

いよいよ母音もラストです。基本母音の「ㅡ」がありますね。その横に、「ㅣ」の母音を付けます。「ㅡ(ウ)」と「ㅣ(イ)」をくっつけて、すばやく読んでみましょう。「ㅡ(ウ)」の発音は、唇を横に引くのがポイントでしたね。唇を横に引いて、「ウ……イ……ウイウイ……ウィ」。そう、「ㅢ」は「ウィ」と読みます。音のない子音「ㅇ(ゼロ子音)」を付けて、一緒に読んでみましょう。さんハイ、「의(ウィ)」。はい、お疲れ様でした!


さて、本日の合成母音編はいかがでしたか? 合成母音は、一見ややこしそうに見えますが、基本母音が分かっていれば、決して難しくありません。子音も読めるようになれば、すべてのハングルが読めることになりますよ。頑張ってくださいね!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。