「マウンティング」とは? 言動・行動の具体例

マウンティング対処法

気づかないうちに、あなたも「マウンティング」のターゲットにされているかもしれません

相手より自分の方が上だとアピールする「マウンティング」。マウンティングの大本の意味は、動物が自己の優位性を示すために、他の動物に馬乗りすること。これが転じて、人が「自分の優位性」を誇示することを表す俗語になりました。

人間のマウンティングは、動物のように単純ではありません。被害者は気づかぬうちに、さりげなくターゲットにされてしまいます。次のような状況に心当たりがあれば、マウンティングをされているかもしれません。

・ブランド力(持ち物、学歴、職歴、生活水準など)を誇示され、差を感じさせられる
・自分の発言に対して「そんなのは常識」などと、価値を下げるような発言をされる
・会話がいつも相手の自慢話になり、毎回「聞き役」にされる
・集団の中で軽視され、無視されることが多い
 

職場や友人間、家庭内でよく見られるマウンティング

マウンティングは、心理学では「ディスカウント」(値引き)と呼ばれる行為。他人の価値を低く見なすことで、モラルハラスメント(モラハラ)にあたります。

職場でのマウンティングは、立場の上下だけでなく、職場内での影響力を背景にして行われることが少なくありません。同僚間でもしばしば生じており、影響力の強い人がそうでない人に対して押しの強い態度に出たり、いじったりすることがあげられます。

友人間や家庭内でも起こります。たとえば、お金持ちの同級生から、会うたびに持ち物や旅行などの自慢話を聞かされる。パートナーからいつも馬鹿にされ、何を言っても揚げ足を取られる。このようなことがよく見られます。
 

対策1. 被害の可能性に早めに気づく

頬杖を突く女性

あの人と話しているとなんとなく不愉快…それが「マウンティング」に気づく入口になる

マウンティングのターゲットにされないためには、何を心がければいいのでしょう?

まずは、マウンティングの可能性に気づくこと。自慢、揚げ足、軽視、無視などの行為は、マウンティングの常套手段です。多くの場合、行為者は無意識に行っています。自分の言動の影響に気づかず、「楽しく話しているだけ」と思っていることが多いのです。

その場の雰囲気が明るいと、マウンティング行為に気づきにくいものです。ターゲットにされないようにするには、場の空気が上のような状態になっていないか、サインをキャッチすることです。
 

対策2. 不愉快に感じたら「NO!」と伝える

マウンティングに気づいたら、タイミングを逃さずに「NO!」を伝えましょう。不快だという気持ちを伝えることで、相手に気づきを与えるのです。

気軽に話せる間柄であれば、「悪いけど、今の言葉はマウンティングに感じるよ」と伝えてもいいでしょう。

言いにくい間柄であれば、「そう言われるのは心外です」とはっきり伝えましょう。「自分はこう思っている」と、自分の気持ちを言葉で伝えるのです。毅然とした態度をとり、しっかり自分の主張を伝えれば、相手に内省を促すことができます。
 

対策3. 交渉が不可能なら早めに距離を置く

それでも変わらない場合や「NO!」と言えないような間柄の場合、その場から逃げて自分の身を守ることも大切。軽く受け流してその場を去る、顔を合わせる機会を減らす、といった行動をとるのが得策です。

マウンティングは行為者の性格と結びついているため、何度「NO!」を伝えられても変わらない人もいます。気をつけたいのは、マウンティングの常習者につかまらないことです。彼らは、マウンティングできるターゲットを常に探しています。ターゲットにされそうになったら早めに距離をとり、心の安全を確保しましょう。

マウンティングは、あらゆる環境で発生します。ターゲットにされると自尊心が損なわれ、自己価値を見出せなくなってしまいます。ぜひ、マウンティングのサインに早めに気づき、対処していきましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項