カロリーと体重の増減は関係ある?

カロリーと体重の関係って?

カロリーと体重の関係って?

さまざまなダイエット法や情報が巷に溢れた結果、「カロリーと体重は関係ないのでは?」「カロリー計算をすると、不健康なダイエットになる?」という疑問をいただきます。

いろいろなダイエット方法を否定はしませんが、管理栄養士の立場から、正しいカロリー制限は、確実で健康的なダイエットになると言えます。

「なにをしても痩せない」という人ほど流行のダイエットに飛びつきがちですが、リバウンドすることなくスリムな体型をキープしている人の多くは、カロリー制限で体重をコントロールする方法を身につけているものです。

減らすべきは体重ではなく体脂肪

数字ではなく、いらない脂肪を減らすのが目的のはず!

数字ではなく、いらない脂肪を減らすのが目的のはず!

ちょっとした食べ過ぎで体重が増えたり、半日ほどで減った体重が減ることがありますが、それらは一過性の体重増減であり、本来減らしたい「体脂肪」が短時間で減ったり、増えたりしているわけではないのです。なぜなら、体脂肪1キロぶんは、約7000kcalに相当します。通常1~2日で7000kcalを摂取することも消費することも難しいはずです。

一方、着実に体脂肪を減らすためには、下記のように「カロリーコントロール」をする必要があります。

1日に消費する総カロリー(基礎代謝+活動して消費するカロリー) > 1日に摂る総カロリー

これらを実践するためには、自分自身の基礎代謝や身体活動レベル値などを調べる必要があります。たとえば、身長160cm/体重55キロ/35歳/女性/事務職のA子さんが、1カ月で1キロ体重を落としたい場合、1日あたりの摂取可能カロリーは1839kcalになります。計算方法は次のページへ ≫≫


ちなみに、「痩せ型の人はカロリー制限だけでは痩せない?」と思っている人もいますが、肥満状態から普通体重に落としたい人はもちろん、平均的な体重から美容体重へとダイエットしたい人にも当然、効果があります。

※ただし、厚労省が定める「標準的な筋肉量・基礎代謝量がある人」の数値をもとにしているため一部当てはまらない場合もあります。

また、カロリーコントロールをすることは「皮下脂肪」に効果的ですが、「内臓脂肪」は消費カロリーを上げる運動をしないと落ちません。内臓脂肪が多めの方は、カロリー制限と同時に運動も行ってみてください。

カロリー制限ダイエットの注意点とおすすめポイント

目標体重に合わせたカロリー上限を決めて、その中でバランスのよい食事をする!

目標体重に合わせたカロリー上限を決めて、その中でバランスのよい食事を!

流行のダイエットは体に合う・合わないがありますが、カロリー制限ダイエットは、多少時間がかかっても誰でも必ず成果が出ます。体に負担をかけない範囲で体重を落として行くので、「ダイエットをしたらやつれた」という自体になる危険性が低いダイエット方法です。

たしかに、効果は緩やかなので、成果を感じられるのはしばらく時間が経ってからになると思います。逆に言えば、カロリー制限ダイエットで体重を落とすなら、「1週間で即痩せたい」というのではなく、「半年かけてキレイに健康的に痩せて、ずっとそれをキープしたい」という気持ちで取り組むと成功します。

もちろん、「もっと早く効果を感じたい」という場合は、毎日の生活に運動を取り入れ、消費カロリーをアップさせるとその分、目的達成に近づくことができます。その場合、筋肉量アップにつながりますので、いいこと尽くしではないでしょうか。

◆一般的な計算方法を知りたい場合はこちらの記事へ
カロリーとダイエットのメカニズム
女性の必要カロリーを計算しましょう!
男の必要カロリーを計算しましょう!

では自分の体型に合った、カロリー制限(食事制限)を行うにはどうしたらいいのか、解説します!