「ら」抜き言葉のビジネスメールは恥ずかしい!

「ら」抜き言葉のビジネスメール

「ら」抜き言葉のビジネスメール

日常生活で無意識のうちに使ってしまう「ら」抜き言葉。とくに敬語を使わなくてよい友達や同僚との会話で頻発しやすいかもしれませんね。

TVの街頭インタビューでは、マイクを向けられた一般のかたが、「ら」抜き言葉で答える場面をよく目にします。それでもテロップでは、ちゃんと「ら」入りで文字が出るのが印象的です。どうやら日本中に「ら」抜き族が増えているようです。
 

ビジネスメールは証拠に残る

会話なら証拠に残りませんが、ビジネスメールに書くと、きっと読み手に違和感を与えてしまいます。

「文法的におかしいのに知らないで使っているのかな」「上司が指導しないのかな」なんて思われているかも。いずれにしても小さなミスで、仕事の評価が下がるなんてもったいないことです。この機会に正しい言葉づかいを確認してみましょう。
 

「ら」抜き言葉の例と正しい使い方

では、「ら」抜き言葉の一例を挙げます。「見れる」「食べれる」「出れる」「来れる」「起きれる」などです。本来の正しい表現は、「見られる」「食べられる」「出られる」「来られる」「起きられる」です。

なぜかといえば、動詞を可能表現にするときに用いる言葉なので、「動詞+できる(可能)」となるからです。
 

正誤を比較しよう

見れる → 見られる(見る十できる=見ることができる)
食べれる → 食べられる(食べる+できる=食べることができる)
出れる → 出られる(出る十できる=出ることができる)
来れる → 来られる(来る十できる=来ることができる)
起きれる → 起きられる(起きる+できる=起きることができる)

×会社を早めに出れますか?
○会社を早めに出られますか?

×懇親会に来れるようでしたら
○懇親会に来られるようでしたら

×今朝は5時半に起きれたので、ジョギングしました。
○今朝は5時半に起きられたので、ジョギングしました。

なお、「断る」「走る」「滑る」などは、「断れる」「走れる」「滑れる」のように、「ら」を入れないのが正しい表現です。この言葉に「ら」が入ると「断られる」のように受身となり、意味が異なってしまいますので注意しましょう。

文法というと難しく感じやすいですが、小学校で習ったことのおさらいです。あなたも「ら」抜き言葉をなくすよう意識なさってみませんか。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。