悩む人が多い!二の腕よりも出現率の高い「背中のブツブツ」

v

知らない間に背中にブツブツができていることも……

お風呂上りに背中を鏡に映し見たら、背中ブツブツができている……なんて経験がある人もいるのではないでしょうか。顔のスキンケアも重要ですが、特に肌の露出の多い季節は、ボディケアも手を抜くわけにはいきません。

あまり知られていませんが、実は背中のブツブツは、二の腕のブツブツよりも出現率が高く、悩んでいる人が多いと言います。

しかし、対策としては念入りに洗う、薬用せっけんを使うなどしか行われていないのが現状なのだとか。そのため、あまり改善しないという人も多いのです。背中のブツブツは色々な種類の原因菌が入り混じっているため、適切な処置を行わなければ対応できないのです。

背中にブツブツができるメカニズムとは?

q

汗をかいたままにしておくとニキビの原因に

背中のブツブツは、ニキビが大半と言われています。そして、体にできるニキビの多くは、マラセチア真菌というカビの一種が皮脂を分解し、遊離脂肪酸という刺激物質を生成することで炎症を起こしてしまうのです。

背中は、皮脂の分泌量が多く、マラセチアの増殖が起こり場所でもあるため、背中のニキビで悩む人が多いのです。

ちなみにこのぶつぶつの正式名称は、マラセチアが原因菌であることから、「マラセチア毛包炎」と呼ばれています。ほかにも、アクネ菌が原因の赤く腫れ、白から黄色の膿が溜まるニキビや、黄色ブドウ球菌が原因の表面に膿の溜まったくぼみができるニキビなどもあります。

背中にブツブツができている人の大半は、それをニキビと自覚していないのだとか。放っておくと、悪化してしまう場合も多く、とにかくできるだけ初期段階で適切な処置をとるというのが大切なのです。

次のページでは、背中のブツブツの原因と対策をご紹介します。