蛍の光にしばし見とれる夏の夜……蛍狩りは日本の風物詩ですね。環境の変化により一時は激減しましたが、蛍の飛ぶ環境を取り戻そうという動きが各地であり、蛍がみられる場所が少しずつ増えています。蛍狩りを楽しむための豆知識と、蛍の名所やイベントスポットを紹介しますので、幻想的な蛍の光をぜひ楽しんでみてください。
源氏蛍(ゲンジボタル)と平家蛍(ヘイケボタル)は水辺に生息しています

ゲンジボタルとヘイケボタルは水辺に生息しています


蛍の光はラブコール

私達は蛍といえば光るものだと思っていますが、それが当たり前ではありません。世界では2000種ほど、日本でも40種ほどの蛍がいるといわれていますが、幼虫のときは発光するものの、その多くの成虫が発光しないのだとか。ほとんどの蛍が一生を陸上で過ごし、昼間に活動するため、光ではなく匂いを発しているそうです。蛍狩りの主役となるゲンジボタルとヘイケボタルは、長い幼虫期を水中で過ごし、発光する珍しい種類なのです。きれいな川に住むカワニナという貝を食べて成長するため、自然環境のバロメーターにもなっています。

では、蛍の成虫が発光するのはなぜでしょう? それは、求愛信号だと考えられています。成虫期間はおおむね1~2週間程度で、オスが飛んで発光しながらラブコールを送り、それに応えてメスが光れば婚約成立で、オスがメスのもとに飛んでいきます。そして交尾、産卵をしてお互いの一生を終えることになります。

短い成虫時代を精一杯輝いて生きているのですね。命をかけた恋のときめきが伝わってきます。


腐草為蛍 ~腐った草から蛍が生まれる!?

季節の移ろいを示す七十二候には、6月10日頃~6月14日頃に「腐草為蛍」(くされたるくさほたるとなる/かれたるくさほたるとなる/ふそうほたるとなる)があります。これは、草の中から蛍が舞い、光を放ち始める頃という意味で、昔の人は暑さに蒸されて腐った草から蛍が生じるととらえていたようです。


日本の代表的な蛍

有名なゲンジボタルとヘイケボタルは、源氏と平家に由来します。もともと源氏物語から名づけられたというゲンジボタルに対し、光も弱く小型の蛍に、源平合戦で負けた平家の名を付けヘイケボタルになったといわれています。
本来、ホタルは「匹」ではなく「頭」と数えます。源氏蛍(ゲンジボタル)は日本の代表的な蛍です

本来、ホタルは「匹」ではなく「頭」と数えます。ゲンジボタルは日本の代表的な蛍です


●ゲンジボタル(源氏蛍)
5月下旬~6月下旬ごろ成虫になる。体長12~18ミリ。本州、九州、四国に生息。約2~4秒間、黄色に大きく光る。

●ヘイケボタル(平家蛍)
6月下旬~8月ごろ成虫になる。体長7~10ミリ。北海道から九州にかけて生息。黄色に光る。

●ヒメボタル(姫蛍)
5月下旬~7月下旬ごろ成虫になる。体長6~9ミリ。青森から九州に生息。水辺ではなく陸に生息し、ゲンジボタルやヘイケボタルに比べると光は弱い。


蛍狩りの楽しみ方

【蛍狩りの主役・ゲンジボタルとヘイケボタルの基礎知識】
●蛍が生息している場所は?
流れが緩やかできれいな川や水田などの草むらに生息しています。水温は15度~20度がよく、餌になるカワニナがいることが条件です。

●蛍がみられるのはどんな時?
最適なのは、風がなくどんより曇った蒸し暑い夜(目安は20度以上)。川や水田の草むらから、日没後1~2時間をピークに活動するので20時台が目安となります。雨や風の強い日、気温が低い日、月の明るい日はあまり活動しません。

【蛍狩りのマナー】
1.蛍狩りは蛍をめでるもの。捕まえたりするのは厳禁です。
2.蛍はとてもデリケートな生き物です。警戒しないよう静かに観賞しましょう。とくに明るい場所が苦手なので、懐中電灯やカメラのフラッシュも控えます。
3.蛍が生息できる環境を保ちましょう。草むらに立ち入ったり、川を汚したりしない。
ゴミも必ず持ち帰ります。
4.地元住民の迷惑にならないよう配慮します。

蛍狩りの名所、蛍まつりなどのイベントがあるスポット >>>