初夏の風物詩のホタル。今ではなかなか自然の形ではホタルの光を見ることもできなくなりましたが、地方や保存会などのイベントとしてホタルを見ることができます。

きれいなホタルの光を見ていると、それを写真に撮りたいとケータイやコンパクトカメラを取り出して撮影する方も多くいます。しかし、なかなかうまく撮れないのがホタルの光。かすかなホタルの光を撮るにはポイントを押さえた撮影方法を知る必要があります。

それでは、そのホタルの輝きを写真に撮る方法をご紹介していきましょう。

ホタル撮影に必要な道具は三つ

ホタル撮影
ホタルの撮影に必要な道具、カメラ、三脚、レリーズシャッター

ホタルの光を撮るには、最低限必要な道具が三つあります。それは、デジタル一眼レフ、三脚、レリーズシャッターの三点です。

わずかに光るホタルの輝きを撮るのには、カメラを固定して長時間シャッターを開いて感光させる必要があります。そのために三脚にカメラを備えつけ、シャッターを長時間露光させている間シャッターを押し続けるのに使うレリーズシャッターが必要になります。

シャッターを長時間開かせるためには、バルブ(Bと表記される)設定というシャッターモードを使います。これはデジタル一眼レフには搭載されています。コンパクトデジカメでも上位機種には一部付いているものもあります。

それ以外のコンパクトデジタルカメラでは、バルブ設定での撮影はできませんが、夜景モードに設定することで長時間露光の撮影は可能です。ただし、撮影時間は、カメラ任せになるため撮影のタイミングは取りづらくなります。

ホタルの光を撮るのに、フラッシュを光らしても撮れません。また、周囲で長時間露光でホタルの光を撮影している方に影響を及ぼすのでホタルを撮るときにフラッシュを光らしたり周囲を照らしたりすることはマナーとして避けましょう。

【実際にホタルが飛ぶ様子の動画】

準備ができたら具体的な撮影方法を次のページで解説しましょう!>>