ほうれい線をうすくする「顔ツボMAP」

ほうれい線をうすくする「顔ツボMAP」。

ほうれい線をうすくする「顔ツボMAP」。

顔全体のむくみをとり、口角と頬を引き上げることで、鼻から口角にかけて刻みこまれたしわや老けた印象を与える頬のくぼみを、なかったことに!

あごの真ん中から1cm外側の1.夾承漿(キョウショウショウ)と、エラの角から3~4cmあご先寄りの2.前大迎(マエダイゲイ)は、顔のむくみに効果的。

さらに、口角の外側の3.地倉(チソウ)、目尻からまっすぐ下がった頬骨下のキワから1cm下の4.下顴リョウ(シモケンリョウ)、瞳からまっすぐ下がった頬骨の下の5.巨リョウ(コリョウ)を刺激して口角と頬を引き上げ。


ほうれい線に効く顔ツボ3ステップ

ステップ1。

ステップ1。

ステップ1:顔の右側から押していきます、反対の左側も同様におこなってください。息を吐くときに、押さえたツボを動かすことで筋肉をストレッチするのが基本です。

左手の人差し指で、あごの真ん中から1cm外側の「夾承漿」、右手の人差し指でエラの角から3~4cmあご先寄り「前大迎」を押さえ、笑顔で深呼吸。左指はそのまま、右指を3秒かけて斜め上に1cmほど引き上げます。これを左右3回ずつリピート。

ステップ2。

ステップ2。

ステップ2:次に、左手の人差し指で口角の外側の「地倉」、右手の人差し指で目尻からまっすぐ下がった頬骨下のキワから1cm下の「下顴リョウ」を押さえ、笑顔で深呼吸。左指はそのまま、右指を3秒かけて斜め上に1cmほど引き上げます。これを左右3回ずつリピート。

ステップ2。3

ステップ3。

ステップ3:左の人差し指はステップ2のまま、右の人差し指で瞳からまっすぐ下がった頬骨の下の「巨リョウ」を押さえ、笑顔で深呼吸。左指はそのまま、右指は3秒かけて斜めに上1cmほど引き上げます。これを左右3回ずつリピート。

あわせてやりたい「肌のハリ」

深く刻まれたほうれい線を、内側から押し上げるには、ピンとしたハリが大事。肌のハリ感をアップする顔ツボマッサージもあわせて行えば、さらに若々しい印象になります。

>>肌のハリをアップするマッサージはこちら

【撮影協力】
撮影/吉井 明 執筆/森本裕美

【衣装協力】
W ワークアウト フィットタンクトップ¥5600、W ワークアウト ニットカプリパンツ¥5900/ともにアディダス
アディダスグループお客様窓口コールセンターTEL:0570-033-033


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。