足はカラダの状態を映す鏡

カラダのどこかにトラブルが起きると、呼応する反射区=いわゆる足ツボに痛みやしこりが現れます。
このしくみはまだ医学では解明されていませんが、リフレクソロジーにかかわった方すべてが実感していることなのです。

反射区は、体内の臓器、器官、腺などすべての部位に対応し、足の裏・足の甲・足の側面などに分布しているのです。
たとえば、肩こりがひどいときに僧帽筋の反射区を押せばジャリジャリとしこりがあります。逆に、胃腸の反射区を押すと、胃が動いてグーっとおなかの音が鳴ったりすることもあります。
自分自身の足裏を観察し、この反射区の図を見ながら刺激すれば、セルフケアであってもカラダによい変化が現れるはずです。


足の反射区は、身体の同じ位置関係

体内のすべての臓器・器官には、呼応する反射区があり、足裏、足指、足の甲、足の両側面に分布していて、一般的には全部で60カ所あるといわれています。(※この図にある反射区は、専門知識と多くの人の体をケアするなかで会得した知識を合わせて、ガイドが選定したものです。)

そんなにたくさん覚えきれない!という方は、この法則を覚えておいてください。
足裏の反射区と人体は臓器や器官がほぼ同じような位置関係で並んでいるので、直感的に覚えることができるのです。
頭部はゆび先、胃は土踏まずに、生殖器はかかとに。カラダの左側にある心臓や脾臓は左足の裏のみにカラダの右側にある肝臓や胆のうは右足裏のみにあるのです。


足裏にある「反射区マップ」


undefined

反射区と臓器や器官はほぼ同じような位置関係。つま先が頭、かかとが生殖器となっている。


側面にある「反射区マップ」

undefined

 ひじとひざ、股関節などはすこし配置が異なっているが、直感的に覚えることができる配置。




足の甲の反射区マップ

undefined

 親指は顔に相当。首や肩にあるリンパ腺や肩甲骨は、その少し下のほうにあるのがわかる。


【関連記事】
知っておきたいリフレクソロジーの基本情報をまとめました。

足裏マッサージ「リフレクソロジー」の基礎知識
リフレクソロジーの基本12ステップ
リフレクソロジーのための準備体操

【イラスト参照】
マミーズリンパマッサージ(高橋書店)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。