リフレクソロジー ガイド マミ レヴィ

まみ れう゛ぃ

アロママッサージサロン「マミーズタッチ」主宰、IFA認定アロマセラピスト。人気サロンで20年間、「キレイになりたい」「体の調子をよくしたい」など様々な悩みを抱える女性と向き合って生み出したセルフマッサージのテクニックは、誰でも簡単に実践できると好評。

得意分野

リフレクソロジーアロマセラピーリンパマッサージ

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数30
執筆書籍数5

ガイドからの挨拶

私がリフレクソロジーをはじめたきっかけは、エステティシャンの国際ライセンスCIDESCO取得のために、ロンドンの美容学校に通っていた20代前半に、当時の先生に言われたひと言でした。

モデルでベッドにうつぶせになった私の背中を見てすぐに、「腎臓の機能が弱いわね、生理にも問題あるでしょ」と指摘。見ただけで分かるなんて!と驚いた私は、週末に先生のご自宅にアロマセラピーを受けに行き、リフレクソロジーの激痛を体感したのです。これは体が疲れ、弱ってしまうことによって、血流が悪くなり、心臓から遠い足先に老廃物が溜まって痛むのだと説明を受けました。

「触っただけでこんなに痛むなんて!このままだと大変なことになるわよ」と言われ、エステティシャンになりたくて、勉強しているのに人を元気にするどころか、自分が癒されなきゃならなくなると思い大反省。その経験から、エッセンシャルオイルを使って足のマッサージを始めたのです。

続けていくうちに足首やアキレス腱の筋がうっすらと現われ、嬉しくなった私はリフレクソロジーの本を購入し、歴史や効能、刺激の仕方、ゾーンセラピーについて学びました。そのうちに、不順だった生理がコンスタントにくるようになり、初潮の頃からひどい生理痛や生理不順で苦しんでいた私が無事に妊娠することもできました。リフレクソロジーと、アロマセラピーの組み合わせが、私の体には抜群に効いたのです。

帰国後、リフレクソロジーと、アロマセラピーを日本女性の美と健康のために広めたいと、サロンをはじめたのが今から20年前、1992年のことでした。その後、延べ15万人の体の変化を見た経験から、効果的なセルフケアの方法を、皆さんにお伝えしていきたいと思います。どうぞお楽しみに。

ガイドの新着記事

  • リフレクソロジーで花粉症の症状を和らげる方法

    リフレクソロジーで花粉症の症状を和らげる方法

    鼻の炎症や、鼻水といった鼻のトラブルと、目のかゆみなどの花粉症を和らげる効果があると言われている、リフレクソロジーの反射区と押し方をご紹介します。薬を使いたくない、花粉症の予防をしたいときに、日々の習慣にリフレクソロジーを取り入れてみてくださいね。

    掲載日:2021年02月09日リフレクソロジー
  • 足の甲・足裏のツボとは?リフレクソロジーの反射区マップ!

    足の甲・足裏のツボとは?リフレクソロジーの反射区マップ!

    足の反射区の位置と、臓器や器官の位置は一致していると知っていましたか? 足裏健康法や足のツボ押しとも呼ばれるリフレクソロジーの基本は、「反射区マップ」という図。反射区を「押すと痛い」理由、反射区に関する知識などについてもご説明していきます。

    掲載日:2020年06月17日リフレクソロジー