1週目:巡りを良くし痩せモードに!

巡りの良い体で痩せモードをオン!

巡りの良い体で痩せモードをオン!

体を根本から痩せモードにするために、血液の循環を良くしていきます。ダイエットの大敵である、冷えやむくみを改善することで、良いスタートダッシュを切ることができます。

■乾布摩擦と入浴で体を温める

スキマ時間や入浴前に、自分の手や柔らかいタオルで体の中心から末端に向かって全身をゆっくり、各部位5回程度こすります(裸になる必要はなく、薄手の洋服の上からこすればOK)。

摩擦の刺激で血流が良くなり体が温まるのはもちろん、自律神経のバランスも整うため、ダイエットに役立ちます。特に入浴前に行えば、入浴の温浴効果が高まり、さらに体温&代謝アップに役立ちます。
*乾布摩擦ダイエットの詳しい内容はコチラ

入浴は、40度前後のお湯にまずは全身つかり2~3分。頭頂部から汗がじわっと出てきたら半身浴にうつり、20分程度リラックスしながら浸かります。入浴アイテムには、炭酸、水素、クレイ、ソルト系、レギンス入浴がオススメ。発汗や代謝が高まり、一気に痩せ体質に変化します。

2週目:食事量を徐々にコントロールしNOストレス!

ストレスなく食事を調整

ストレスなく食事を調整

過酷な食事制限はストレスとなり、ドカ食い&リバウンドの原因に。この週では、食生活を見直すとともに、本当に必要な栄養素を意識し、食事時間などをコントロールすることで、自然に痩せリズムをつけていきます。

■1日5食&食前ドリンクで脂肪を溜めない

1日の食事回数を5回にし、1回ずつを少量に調整します。
*1日5食ダイエットの記事はコチラ

こうすることで、空腹を感じることなく、体脂肪を溜め込むインスリンの過剰分泌を抑えて、脂肪を溜め込みにくい体にシフトしていきます。

食事のタイミングは、7時、10時、13時、16時、19時を目安に、ダイエット中不足しがちなたんぱく質や食物繊維を意識してとりましょう。

★食事例
7時:グリーンスムージー
10時:ナッツ&ヨーグルト
13時:玄米おにぎり、味噌汁、ゆで卵、サラダ
16時:甘酒
19時:サラダ、納豆、味噌汁orスープ

また、食前に野菜ジュースを飲むことも血糖値のコントロールに役立つので、どうしても外食でダイエットメニューが食べられない……という場合は、手軽に飲める野菜ジュースを活用しましょう。
*ダイエットに役立つ「野菜ジュース」の記事はコチラ