ダイエット&アンチエイジングにも効果的「骨ブロス」とは?

スープをドリンクとして飲むのがトレンド

スープをドリンクとして飲むのがトレンド

「骨ブロス」とは、牛・鶏・豚などの骨を煮込んでとった「ダシ」のことを意味し、ボーンブロスなどと呼ばれることもあります。

ヘルスコンシャスが集まるNYでは、2014年11月に『ブロド』という骨ブロス専門店がオープンして以来、毎日長打の列を作っていて、コーヒーカップの中に骨ブロスを入れて飲む人たちがいるのだとか。

 

そこで今回は、美肌や整腸作用など、様々な美容・健康・アンチエイジング効果のある「骨ブロス」の効果や、自宅でも簡単に作れるレシピを紹介しようと思います!


「骨ブロス」が注目される理由は“飲むコラーゲン”だから!

NYでは骨ブロス専門店が大人気!

NYでは骨ブロス専門店が大人気!

「骨ブロス」人気の理由は、コラーゲンやゼラチンが豊富に含まれているため、肌質や髪質改善など、効果が目に見えて分かるから。

現在日本でも大人気のジュースクレンズでは、むくみ改善などには手応えを感じるものの、肌や髪の毛がツヤツヤする!とまでは言えないのが事実。

 

ところが、「骨ブロスを飲み始めた途端に肌や髪の若返り効果が実感できた!」といった意見がネット上の口コミなどで話題となったそう。それにより、ジュースクレンズで美容やダイエットに励んでいたファッション&ビューティー業界の人々が「骨ブロス」にシフトしているともいわれています。


「骨ブロス」ダイエットやデトックスを飲む期間や飲む量は?

「骨ブロス」をダイエットに活用するなら、デトックス期間に活用するのが効果的です。
生理前の約7日間はデトックス期です。便秘やむくみなどが起こりやすく余分なものをため込みやすい時期です。生理前から生理中にかけては、ダイエット中でも体重が増えて当たり前の期間なので1kgくらいの増加なら問題ありません。生理が終われば自然と水分代謝がよくなり体重も戻るので体重に一喜一憂しないことが大切です。 甘いものは控えて 甘いものは逆にイライラを招きます そんなダイエットしにくい生理前は、排出に役立つ食材を取り入れて体を排出モードにしていきましょう。

出典:生理周期に合わせて1ヶ月ダイエットプログラム

「骨ブロス」を飲む量は、1日100cc程度を目安にしましょう。骨ブロスの場合、だしの味がするので、お塩が濃くなくてもおいしく飲めますが、食事摂取基準で定められているナトリウム(食塩相当量)については、高血圧予防の観点から、18歳以上男性:8.0g/日未満、18歳以上女性: 7.0g/日未満なので塩分の摂りすぎに注意して行いましょう。

アンチエイジング&ダイエットが叶う!?

アンチエイジング&ダイエットが叶う!?

「骨ブロス」は、カルシウム、マグネシウム、リンなど様々なミネラルが豊富です。また、含まれるグルコサミンやコンドロイチンには関節・軟骨・角膜・皮膚組織を柔軟にし、水分を保持して潤わせるという作用もあるとされています。

さらに、ミネラルやタンパク質には、エネルギー代謝を上げる作用があるのでダイエット効果も期待できるというわけです。


骨ブロスで期待できる効果は?

「骨ブロス」の詳しい効能を以下で解説していきましょう。

■アンチエイジング効果

「骨ブロス」はコラーゲンが豊富なので、シワ改善、美肌、美髪、美爪などアンチエイジング効果に役立ちます。コラーゲンは煮込むとスープの中に溶け出す性質があるので、骨を煮込んだスープである「骨ブロス」は、食材からコラーゲンを摂取する最も効果的な方法です。


■関節強化

グルコサミンが豊富で、天然のコンドロイチン硫酸も含まれているため、関節痛や骨関節炎にも効果が期待できます。


■快眠効果

グリシンという睡眠の質を高める成分も含まれ、また、旨味成分ともいわれるアミノ酸には、心を落ち着かせるリラックス効果もあるため、快眠のサポートにも効果的です。

■満腹効果でダイエットにも

コラーゲンが含まれていることで、ジュースなどを飲むよりも腹持ち効果が期待できます。また、「骨ブロス」は通常、温かい状態のものを飲むため、ゆっくり時間をかけて飲むことも満腹・満足感につながり、ダイエットにも活用できそうです。

続いて、日本でもご自宅でも実践できる「骨ブロス」の簡単レシピ・作り方は?