過酷な乾燥のフランス。肌のうるおいを守る方法は?

過酷な乾燥にどう対応する?

過酷な乾燥にどう対応する?

日本でも冬場の乾燥肌は気になる問題ですが、もっと空気が乾燥しているフランスでは、問題はより深刻です。保湿を怠ると、肌は瞬く間にカサカサ粉を吹く砂漠状態に陥ってしまいます。

そんなパリジェンヌたちがこよなく愛するのが、美容オイルを取り入れた保湿ケア。 顔はもちろんの事、ボディや髪まで全身のお手入れに使用する人が多いのです。

では早速、オイル美容の魅力とやり方について、紹介していきます。

 


パリジェンヌがオイル美容を選ぶのは何故?

画像

全ての肌タイプにおすすめのオイル美容

オイル美容の特徴は、何と言っても優れた保湿力と肌なじみの良さにあります。すばやく肌のすみずみまでカバーし、柔らかいうるおいに満ちた状態をキープしてくれます。

さらに、使用するオイルの成分によっては、肌状態やバリア機能を高め、エイジングケアやスリミングケアといった一石二鳥の嬉しい効果を望むこともできるのです。

 

肌タイプ別に選びたい!オススメ美容オイル

画像

フランスのコスメコーナには数々のオイルが並びます

パリジェンヌはナチュラル志向の人が多く、オイル美容の際には、合成添加物を含まない、良質の植物性オーガニックオイルを使うのが人気。

肌タイプ別のオススメオイルは、下記を参考にして下さい。いろいろと試して、自分の肌や目的に合ったオイルを見つけましょう!

乾燥肌:アルガンオイル、アボカドオイル、オリーブオイル
オイリー肌:ヘーゼルナッツオイル、アプリコットオイル、グレープシードオイル
普通肌・混合肌:スウィートアーモンドオイル、ノワゼットオイル、ローズヒップオイル

次のページでは、基本のオイルケアと、パリジェンヌならではのワンランク上のオイル活用法をご紹介します。