おもてなし料理の簡単レシピ!いつもの塩豚を華やかに

所要時間:30分

カテゴリー:サブのおかず塩豚

 

おもてなし料理の簡単レシピ!いつもの塩豚を華やかに

塩豚で気軽におもてなしはいかがでしょうか?
当日の朝に豚肉に塩コショウを振り2時間ほど寝かします。後は豚肉に焼き目をつけてから蒸します。甘辛味噌と野菜を盛り付け、レタスで包んだり大判の餃子の皮を両面焼いた上にのせて食べます。

鶏の丸焼やローストビーフでなくても、盛り付けを華やかにすれば、いつものお惣菜がパーティーメニューにもなりますね。
 

塩豚でおもてなしの材料(4人分

塩豚でおもてなし
豚バラ肉 塊肉 400g
小さじ2
こしょう 小さじ1/2
甘辛味噌
味噌 大さじ2
ニンニク 1片
豆板醤 小さじ2
はちみつ 大さじ1

塩豚でおもてなしの作り方・手順

塩豚でおもてなし

1:豚肉に塩とこしょうを揉みこむ

豚肉に塩とこしょうを揉みこむ
豚バラ肉に塩とこしょうをよく揉み込み、冷蔵庫で2時間ほどおきます。

2:フライパンで脂面から焼く

フライパンで脂面から焼く
プライパンを中火にかけ油をひかないで、豚肉の脂面から全面をこんがりときつね色に焼き目をつけます。

3:蒸し器で30分蒸す

蒸し器で30分蒸す
2を蒸し器で30分ほど蒸します。

4:甘辛味噌を作る

甘辛味噌を作る
甘辛味噌の材料を合わせて味噌を作ります。

5:1センチ幅に切り水菜と白髪ねぎ、甘辛味噌を添える

1センチ幅に切り水菜と白髪ねぎ、甘辛味噌を添える
蒸しあがった塩豚は1センチ幅に切り、水菜と白髪ねぎを添えてます。レタスや大判の餃子の皮を両面焼いた上に肉と味噌をのせて食べます。

ガイドのワンポイントアドバイス

何枚も餃子の皮を両面焼き色をつけて準備しておくと、より手間が省けます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。