何が違うの?機能性オイル

うるおい

上手なオイル使いでお肌のうるおいアップ

数年前まで、ダイエットといえば「オイル抜き」をする人が多くいました。でもここ数年で、ダイエットとオイルの関係はずいぶん変わってきました。美容情報に敏感なモデルたちが利用していることで注目が集まったココナッツオイルや、健康効果が期待されるアマニ油など、美容と健康維持のために魅力的なオイルがたくさん登場しています。

でも、たくさんあり過ぎて、「違いがよくわからない…」と思っていませんか。今回は、代表的な機能性オイルと、その特徴を紹介していきます。

機能性オイルの紹介に入る前に、まずはオイル(油脂)についてちょっと確認しておきましょう。

オイルの形と種類

まず、食品に含まれる油脂のほとんどは、中性脂肪という形をしています。中性脂肪は、1つの土台(グリセリン)に3つの脂肪酸がくっついた形をしています。私たちが食べている植物油は、この中性脂肪に植物ステロールや脂溶性ビタミン・ポリフェノールが溶けこんでいます。また、動物性の場合、コレステロールや脂溶性ビタミンが溶け込んでいます。

中性脂肪の材料となっている脂肪酸は、炭素の鎖のような形をしています。そして、鎖の長さやつながり方の違いで分類されているのです。オイルの機能のほとんどは、この脂肪酸の形で決まってくるといっても過言ではありません。

まず、鎖にの途中の炭素二重結合の数によって飽和脂肪酸(なし)・一価不飽和脂肪酸(1つ)・多価不飽和脂肪酸(2つ以上)とわけられます。さらに、不飽和脂肪酸は炭素二重結合の場所によってn-3系(ω3)脂肪酸(端から3個目)・n-6系(ω6)脂肪酸(端から6個目)・n-9系(ω9)脂肪酸(端から9個目)と分けられます。それぞれの形状と脂肪酸の特徴について詳しく知りたいなら、『よく聞く「脂肪酸」ってなーに?』をチェックしてみてください。
脂肪酸の分類

脂肪酸の分類

また、これとは別の分類基準として鎖の長さ(つながっている炭素の数)による分類もあります。つながっている炭素の数によって、短鎖脂肪酸(1~4)・中鎖脂肪酸(6~12)・長鎖脂肪酸(14以上)に分けられます。

この脂肪酸それぞれに個性があり、性質や体の中での働きが違います。最近登場している色々なオイルは、原料や作られ方(精製)によって、含まれている脂肪酸の種類や割合が違うのです。

続いては、エゴマオイルやココナッツオイルのパワーについて紹介します。