白米VS玄米・雑穀米!美容目線で選ぶならどっち?

日本人にとって毎日の食生活で欠かせないのが、お米。一言でお米といっても、白米・玄米・雑穀米など、様々な種類があります。でも、どうせ毎日食べるなら、身体にも美肌にも良いものを選びたいですよね!

そこで、白米VS玄米・雑穀米をテーマに、美肌に良い食べ方をご紹介します。今回は、管理栄養士で雑穀料理家の柴田真希さんにお話を伺いました。
6

美容と健康のために食べるなら・・・?



白米は逆から書くと「米白」→「粕」

1

白米は“粕”の状態!?

一般的に、最も多くの方が食べているのが白米ではないでしょうか? でも、実は白米は、文字通り“粕”の状態。玄米に含まれている豊富な栄養素(ビタミンB群やEなど)が取り除かれてしまっているのです。

もちろん、エネルギー源である炭水化物は含まれていますが、食べやすさを追求した結果、身体にとってはとても勿体ない状態になってしまっているのが白米なのです。


玄米のメリット・デメリットとは?

そうなると、「栄養価が失われていない玄米を選べばいい!」と考えがちですが、玄米には加工されていないが故のデメリットもあるそう。

「玄米は栄養価は高い一方、白米に比べて調理時間が長いのが難点。また、よく噛まないと栄養価が吸収できないため、お子さん・お年寄り・胃腸の弱い方にとっては食べにくい上に栄養吸収できないということも考えられます。」そんな不便さを伴うことから、玄米を摂り続けることに抵抗を示す人も少なくありません。

しかし、玄米も栄養価が優れていますので、しっかし浸水した後に十分に炊きあげて、よく噛んで食べて玄米の栄養をきちんと消化・吸収するようにしましょう。白米にも玄米にも、良いところと悪いところがあるのですね。そこで、良いとこどりが“雑穀”というわけです。


白米に雑穀をプラスして栄養価アップ!

2

白米に、ただ加えるだけ!

雑穀とは特別な品種のお米、というわけではなく、白米の一部が雑穀となります。そのため、雑穀を加えてもカロリーは変わらず、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養価がグンとアップするのが特徴!

また、通常通りご飯に混ぜて炊くだけなので余分な手間もありません。さらに、どんな食事にも合わせられ、毎日・毎食取り入れることが可能なので、続けやすく・効果を感じやすいのが魅力です。