妊娠中のママの体調を整える献立レシピ

妊娠中のママは体調が著しく変化します。妊娠初期はつわりなどで食欲がなくなり、体重減少する方が多いです。また妊娠後期は貧血、便秘、むくみなどに悩む方が多く、体重増加に気を使う方もいらっしゃいます。今回は妊娠中のママの体調を整える献立レシピと題しまして、鉄分や葉酸等の知識も交え、お腹の中にいる赤ちゃんにもきちんとした栄養を与えることができるレシピをご紹介します。体調がすぐれない時、また妊娠中もお仕事をしている忙しいママのために、簡単に調理でき、少量でも栄養価が高い料理を考案しました。マタニティライフを楽しく健康に過ごすためのお役立ちレシピ、ぜひご活用ください。

鉄分を意識した食生活を

写真

ママの胎盤から鉄分が送られます

女性は妊娠すると体全体をめぐる血液の量が胎児の分も含め、3割から5割も増えます。お腹の赤ちゃんが成長していくにつれて鉄分が胎盤へ流れて優先的に利用されるため、母体は鉄分がどんどん失われて貧血になりやすくなるので積極的な鉄分の摂取が必要です。レバーやひじき、切干大根、大豆製品など意識して食事に取り入れましょう。

 


親子共々カルシウムを取りこんで

写真

様々な食材からカルシウムを

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、骨や歯を形成するためには母体にカルシウムを多く取り込まなくてはいけません。カルシウムが不足すると、産後の体調の回復が遅れたり、歯がもろくなったり、少しの衝撃で骨折したりする原因になります。 乳製品や海藻、魚など積極的に摂取しましょう。

 


カロリー、塩分は控えめに

写真

味の濃い惣菜、スナック菓子などには注意

塩分のとりすぎは血圧を上げ、むくみの原因になります。またカロリーが高い食品ばかり摂取していると、特に妊娠後期、体重増加が著しくなり、胎児の健康に悪影響をきたすこともあります。野菜、海藻、きのこ類は低カロリーで食べ応えもありおすすめの食材です。積極的にメニューに取り入れてみましょう。

 


繊維質、乳製品をとって便秘解消!

写真

便秘解消で快適なマタニティライフを

胎児が成長しお腹が大きくなると便秘に悩むお母さんが多くいらっしゃいます。食物繊維を多く含む根菜や葉もの野菜、果物、雑穀、海藻、豆類、きのこなどを積極的に献立に取り入れてみてください。自然に腸が動くようになり便通が徐々に改善されます。

 



葉酸は妊娠初期に必要

写真

赤ちゃんにとって大事な栄養素の一つです

葉酸はDNAの合成に必要なビタミンです。DNAの合成が円滑にいくことで、細胞分裂が順調に行われ、脳や神経などが作られます。妊娠初期、母体内で葉酸が不足すると、胎児の発育に悪影響がきたされ先天性異常や障害のリスクが高まると言われています。お母さんは意識して葉酸をとることがとても大事です。緑黄色野菜、レバー、ホタテ、うなぎなどに多く含まれています。

 

それでは、これらの食材を使った、妊娠中のママの体調を整える献立レシピをご紹介します>>