プレミアムなお茶をカジュアルに楽しめる「ゴンチャ(Gong cha・貢茶)」

ドリンクメニュー

伝統的な茶文化を大切にしながら、現代的にアレンジされたドリンクメニュー

最先端のファッションと最新のグルメやスイーツで注目を浴びている原宿・表参道エリアにまたひとつ、注目のスポットがオープンします。台湾茶をベースとする豊富なドリンクメニュー、甘さと氷の量を自分好みにカスタマイズできる「ゴンチャ」の日本第1号店オープンは、2015年9月27日(日)。

伝統的な茶文化を大切にしつつ、お茶を現代風にアレンジしたドリンクメニューは、上質な台湾茶をベースにしたフルーツティー、ミルクティーなど、様々な形で楽しませてくれます。さらに、パール(タピオカ)、アロエ、ナタデココ、バジルシード、ミルクフォームなどのトッピングとの組み合わせも自由自在。個々の好みを尊重したスタイルです。

カジュアルな雰囲気、手頃な価格で、気軽にプレミアムなお茶を楽しむことができそうです。買い物、デート、散策の途中に、ちょっと休憩してプレミアムな台湾ティーを楽しんでみませんか。

Gong cha(ゴンチャ)ってどんなお店?

2006年に台湾で誕生した「ゴンチャ」は、世界19か国、約1100店舗を展開するアジアンティーブランド。気軽にコーヒーショップに立ち寄る感覚でティードリンクを楽める店舗として、世界中のファンに愛されています。

貢茶(ゴンチャ)とは、貢(みずき)、茶(ティー)。中国の唐時代に、時の中国皇帝に飲用として最高品質のお茶を献上するというしきたりに由来しています。

高級ティーサロンや中国茶専門店とはまた違った魅力を提供してくれるカジュアルさは、食後に、仕事の合間に、休日にと、様々なシーンで日々に潤いを与えてくれ、手頃な価格も嬉しいポイント。わずか300円(税別)から楽しめる豊富なドリンクメニューは、それぞれ季節や気分で選べるアイスとホット(ジュースはアイスのみ)、サイズはSMLと3サイズ(ホットはSMのみ)用意されています。
注文方法

甘さも氷の量も自分好みにカスタマイズ可能

ドリンクメニューは、大きく5つに分類されています。
  • オリジナルティー:すべてのベースとなる香り豊かな台湾茶
  • ゴンチャスペシャル:ミルクフォームをのせてまろやかに
  • ミルクティー:台湾では定番のミルクティー
  • グリーンティーエード:フルーツを加えてさっぱりと
  • ジュース:ゴンチャならではの本格派ドリンク

まずはその中から好みのドリンクを選び、甘さ(4段階)、氷の量(3段階)を好みの量に指定します。さらにカスタマイズを楽しむにはプラス70円(税別)でトッピングを。パール(タピオカ)、アロエ、ナタデココ、バジルシード、ミルクフォームからお好きなものを選ぶことができます。

絶対に迷ってしまいそうな魅惑のドリンクメニューは、サイトから事前にチェックできますよ。

気になるお味とゴンチャのこだわり >>