私の周りには、お茶を飲むときは、「そりゃもう、お茶さえあればほかに何も要らないっす!」という猛者達が結構いるのですが(笑)、私はどちらかというと「+お茶請け」派。おいしいお茶にはおいしいお菓子が手放せません。

ところで、お茶を飲むときのお茶菓子って、いろいろあって迷ってしまいますね。簡単なドライフルーツから、果ては宮廷菓子まで、本当にさまざまなお茶請けが存在していて、それに加え、和菓子、洋菓子の部類まで、お茶請けになってしまうのが、中国茶の楽しみの一つでもあります。お茶会を開くときも、どんなお茶請けを出したらいいか、あれこれ考える時間がまた楽しかったりします。緑茶には、これ、青茶にはこれ、あるいは今日は全て中華風で仕上げたので、典型的な中華菓子をメインになどと、コーディネートするのがとても楽しいのですね。

そんな数あるお茶請けの中から、今回は「中国茶といえばこれ!」というようなオーソドックスなお茶請けをいくつか集めてみました。


お茶請け各種


葵花子(グイホワズ)


蜜棗(ミーザオ)


干無花果(ガンウーホアグオ)
画像をクリックすると、それぞれ
のページに飛ぶことが出来ます。