心の不安を取り除き、幸せな気持ちになる献立レシピ

楽しい長い夏休みが終わり、秋は行事イベントや年末に向けての仕事が立て込む季節となります。現代の学生、社会人の方はゆっくりとした睡眠がとれず、心に元気がなくなり、うつや心身症を患うことも少なくないようです。今回は「ハッピーホルモン」とも評されるセロトニンという成分を多く含む食材を使った献立レシピをご紹介します。日々追われる生活ではありますが精神力を鍛えモチベーションがあがる献立レシピ、ご活用ください。



セロトニンの役割

写真

毎日を楽しく、心を軽やかに

人間の体をめぐる神経伝達物質のひとつであるセロトニンは、体内で不足すると情緒が不安定になり、うつや不安症などの精神疾患を発症しやすくなるといわれています。心身の安定や心の安らぎなどをもたらす重要な物質であるため「ハッピーホルモン」とも評されます。セロトニンはヨーグルトやチーズなどの乳製品、豆腐やきなこなどの大豆製品、魚類、種実類、バナナ、卵などに多く含まれています。

 


セロトニンを増やす成分

写真

主食よりも主菜を充実したものに

セロトニンを増やすのに欠かすことのできない成分がトリプトファンというアミノ酸です。トリプトファンは体内をめぐり、最終的に脳に運ばれるとセロトニンを生成する働きがあるので意識して摂取してみましょう。肉や魚といった動物性食品、大豆製品や種実類に多く含まれています。トリプトファンは睡眠作用も兼ね備えているので、精神を落ち着かせ安眠効果も期待できます。

 



ビタミンB6やマグネシウムの力も必要

写真

旬の味覚からも意識してとり入れましょう

セロトニンを合成する際には、ビタミンB6、マグネシウムの力も必要です。ビタミンB6はやまぐろやさんまなどの魚類、香味成分を持つにんにくなどに多く含まれています。マグネシウムはゴマやアーモンドなどの種実類、わかめやひじきといった海藻類に多く含まれています。積極的に取り入れることをオススメします。

 



体内環境を整えることもポイント

写真

胃腸の働きを正常に保ちましょう

胃腸の働きを正常に保ち、腸内環境を整えておくと腸内細菌の活動が活発になります。これはセロトニンの合成、トリプトファンの働きにも深く関係しており、体内で神経伝達物質を作り出すスピードも速くなります。ヨーグルトやチーズなどの乳製品を意識してとることでおなかも心も元気に過ごすことができます。

 



それでは、これらの食材を活かした、セロトニンを増やして、幸せな気持ちになる献立レシピをご紹介します>>