そもそもセロトニンとは

平常心をもたらす脳内物質。この分泌が多いと、ストレスに対して動じない心をもたらし、頭のさえた、冷静な状態を保つ。

リンク: 快感やキレる感情はなぜ起こる? [ストレス] All About

やる気がわくのも、気分が落ち込むのも、すべては脳内物質が関係しているのです。

セロトニンの活性度がわかるチェックリスト

1.1日20~30分以下しか、歩いたり運動していない
2.ストレスを感じることが多い
3.一人暮らしで、人と接触する機会が少ない
4.深夜2時~6時に起床することが多い
5.30分以上の昼寝をすることが多い
6.眠るときは携帯電話を枕元に置いている
7.眠る前にパソコンを使ったり、テレビを見る
8.眠る前にコーヒーや紅茶など、カフェインの多いものをとる
9.昼夜逆転の生活を送っている
10.朝、太陽の光を浴びることがない

1~3・10に当てはまる人は「セロトニン不足タイプ」、4~8に当てはまる人は「メラトニン不足タイプ」、9・10に当てはまる人は「お日さま不足タイプ」です。

リンク: 日中は頭スッキリ心穏やかに! セロトニン睡眠法 [睡眠] All About

セロトニンは、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンとも深い関係があります。セロトニンは、必須アミノ酸であるトリプトファンから、日中に体の中で作られます。そして夜になると、セロトニンがメラトニンに変わって眠気が生じてきます。病院に行かなければならない場合もあるので、要チェックです。

セロトニンの分泌が少ないとどうなる?

セロトニンの分泌が少ないと、ストレス刺激が加わったとき、すぐに平常心をなくしてしまいます。その結果、ちょっといやなことがあっても我慢できず、すぐにパニックになってしまったり、落ち込んでしまったりします。

リンク: 2/2 快感やキレる感情はなぜ起こる? [ストレス] All About

セロトニンがすくないとイライラしたり気分が落ち込んだり、うつになるなど、心と体に大きな影響があります。

セロトニンを増やす1日の過ごし方と取り入れたい習慣

・朝起きたらすぐに20~30分、太陽の光を浴びる
・朝に5~20分ほど歩く
・豆や豆製品、牛乳や乳製品、マグロの赤身、レバー、バナナなどを食べる
・朝の通勤電車では居眠りしない
・昼寝をするなら30分以内
・5~20分、ガムをかんだり階段を上り下りする
・家族や親しい友人と話したり食事したりする
・夕方以降にリズム運動をする
・ペットをなでる
・昔ながらの銭湯やスーパー銭湯に入る
・眠る前に37~40℃のお風呂に入る
・朝はローズマリーやレモン、夜はラベンダーやスイートオレンジのアロマをかぐ
・夜にはノンカフェイン飲料をとる
・眠るときには電気製品の電源を切る

起床時に気分をあげる3つの行動

セロトニンは日中の明るい時間帯に多く分泌されることがわかっており、朝目覚めたときに日光を浴びることでセロトニンの分泌を促します。

出典: 憂鬱よさよなら!3つの意識でセロトニン活性化大作戦 [運動と健康] All About

イライラ感を取る! セロトニンストレッチ

快適に過ごすためには、セロトニン神経系の安定した働きは不可欠。イライラ解消、肩こり予防にも効果のあるセロトニン・ストレッチをご紹介します。

出典: イライラ感を取る! セロトニンストレッチ [肩こり] All About

気持ちよく続けられる有酸素運動

軽い運動を行うことは血行をよくして疲労回復に役立つだけではなく、脳内のセロトニン分泌を促し、ストレス解消にも役立ちます。

出典: 憂鬱よさよなら!3つの意識でセロトニン活性化大作戦 [運動と健康] All About

疲労回復、ストレス軽減に効く簡単なヨガポーズ

ネガティブなスパイラルに陥らないためのヨガポーズをご紹介します。女性は体質的にも気持ちのアップダウンが激しくなりやすいので特におすすめ。

出典: ヨガでキレイになる秘密が「幸せホルモン」って本当? [ヨガ] All About

セロトニンの原料「トリプトファン」を食事から摂取する

「うつ病」対策として注目されているのが「セロトニン」という成分。食習慣を見直して気をつけることも有効といわれています。

出典: 2/3 うつから守るセロトニンを上手に摂るには? [食と健康] All About

栄養不足とうつの関係… 過度なダイエットは厳禁!

しばらくうつな気分が続いているあなた、もしかするとダイエットが原因かもしれません。女性は40歳前後から女性ホルモンの分泌が減り、セロトニンも分泌がへって、更年期症状特有ののイライラや憂うつなどになることも。

出典: 2/3 うつが続くのはダイエットのしすぎかも? [食と健康] All About

セロトニンを増やす献立レシピ

「ハッピーホルモン」とも評されるセロトニンという成分を多く含む食材を使ったレシピをご紹介。セロトニンはヨーグルトやチーズなどの乳製品、豆腐やきなこなどの大豆製品、魚類、種実類、バナナ、卵などに多く含まれています。

出典: 2/2 セロトニンを増やして、幸せな気持ちになる献立レシピ [バランス献立レシピ] All About

究極、シンプルでていねいに暮らすこと

「シンプルライフを始めてから、体調がよくなった」というのは、よく耳にすること。シンプルな暮らしを始めると、脳に変化が現れる。それは、ある脳内神経が鍛えられるからなのです。

出典: シンプルライフは脳を鍛える!? [シンプルライフ] All About