なすと長芋のピリ辛おろしサラダ

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

なすと長芋の炒めおろしサラダ

なすの皮には、抗酸化作用が高いとされるアントシアニンが含まれています。なすは体を冷やす作用があると言われていますから、まだまだ残暑が続くときには、なすを美味しくいただきたいですね。

また、山のうなぎとも言われる長芋は、ビタミンB1、C、カルシウム、カリウム、ムチンなどさまざまな栄養が豊富に含まれています。特に、ねばねばする食品に多く含まれるムチンと呼ばれる成分は、ウイルスや細菌を体外に排出したり、疲労回復を促す効果が期待されています。
夏の暑さで疲れた体に、ぜひ、お試しください。

なすと長芋のおろしサラダの材料(2人分

なすと長芋のサラダの材料
なす 2本
長芋 約10cm
大根 おろし分。適量
大葉 数枚。なくても良い
大さじ1.5
めんつゆ 大さじ1
ラー油 食べるラー油。小さじ1
なすは、ヘタと実の境目のところに白い部分のある、新鮮なものを選びましょう。

なすと長芋のおろしサラダの作り方・手順

なすと長芋のサラダの作り方

1:なすを切る

なすを切る
なす輪切りにします。

縦に数本、ピーラーで皮をむいておくと、食べやすく、見た目も可愛くなります。

2:長芋を切る

長芋を切る
長芋を輪切りにします。
太い長芋の場合は、半分にカットします。

3:なすを炒める

なすを炒める
フライパンに油を入れ、なすを並べて、両面にうっすらと焦げ目がつく程度に焼きます。

4:長芋を炒める

長芋を炒める
なすを炒めたフライパンに、そのまま長芋を入れ、さっと炒めます。 栄養価のムチンは熱に弱いので、なるべく短時間で炒めるようにします。

5:大根をおろす

大根をおろす
大根おろしを作ります。

6:めんつゆラー油をつくる

めんつゆラー油をつくる
めんつゆと食べるラー油を合わせます。

7:お皿に盛る

お皿に盛る
お皿に盛ります。

お皿に大葉をひいて、その上に盛ります。大葉は香りが良いので、一緒に食べると美味しいですよ。

上から、めんつゆラー油をかけて、大根おろしをのせて、いただきます。

ガイドのワンポイントアドバイス

食べるラー油の代わりに柚子胡椒を混ぜたり、生野菜と合わせても美味しいですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。