箸が進む一品! しらすと夏野菜の混ぜご飯

所要時間:15分

カテゴリー:お弁当のおかず常備菜

 

常備菜と混ぜるだけ、簡単!

今が旬を迎えるきゅうりと新生姜、みょうがを梅酢に漬け込んだ常備菜『きゅうりと香味野菜の梅酢漬け』と、それを使った混ぜご飯のレシピをお届けします。みょうがに新生姜、しそと夏ならではの香り豊かな香味野菜をたっぷりと混ぜ込んだご飯はさっぱりと食べやすく、食欲もアップ。梅酢の酸味やしらすの旨みにも箸が進みます。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『しらすと夏野菜の混ぜご飯定食の献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。


しらすと夏野菜の混ぜご飯の材料(2人分

きゅうりと香味野菜の梅酢漬けの材料
きゅうり 2本(200g)
生姜 (新生姜)2片(20g)
ミョウガ 4個(80g)
小さじ1/4
梅酢 大さじ2
砂糖 小さじ1/2
しらすと夏野菜の混ぜご飯の材料
しらす 大さじ1
漬物 (きゅうりと香味野菜の梅酢漬け)80g
いり白ごま 大さじ1
しそ 3枚
ご飯 2膳
『きゅうりと香味野菜の梅酢漬け』の材料は常備菜として作りやすい分量(目安として4~5人分)で紹介しています。『しらすと夏野菜の混ぜご飯』の材料は2人分です。

しらすと夏野菜の混ぜご飯の作り方・手順

きゅうりと香味野菜の梅酢漬けの作り方

1:切る

切る
きゅうりは薄切りにし、塩もみしてしばらく置きます。新生姜は千切り、みょうがは縦半分に切ってから千切りにします。

2:茹でる

茹でる
新生姜とみょうがをお湯でさっと茹でて、水気を切っておきます。

3:和える

和える
梅酢と砂糖を混ぜ合わせ、水気を軽く絞ったきゅうりと、新生姜、みょうがを和えます。

しらすと夏野菜の混ぜご飯の作り方

4:混ぜる

混ぜる
ご飯にしらすときゅうりと香味野菜の梅酢漬け、ごまをよく混ぜ合わせます。茶碗に盛りつけて、千切りにしたしそを乗せます。

ガイドのワンポイントアドバイス

常備菜『きゅうりと香味野菜の梅酢漬け』は、お漬け物としてご飯のおともにするのはもちろん、豆腐や刺身、野菜と合わせても美味しいです。冷蔵庫で4~5日保存できます。