特定のタオルを持って寝る、ぬいぐるみに依存する子どもの心理

タオルを持って寝る、ぬいぐるみに執着する子どもの心理と対処法

どうして、そのぬいぐるみやタオルだけがお気に入りなの?

幼い子どもたちが、お気に入りのタオルやぬいぐるみを肌身離さず持ち歩く姿をよく見かけます。

お出かけも寝るときもいつも一緒で、見た目はボロボロ。新しい物を与えても見向きもせず、なくなると大騒ぎになるので、親はいつもヒヤヒヤ……。「どうしてここまで執着するのだろう」と、不思議に思う方は少なくないのではないでしょうか。

このように、幼い子どもがこだわりを持つお気に入りの物を「移行対象」と呼びます。移行対象への執着は、子どもがお母さんとの「二人きりの世界」から、お母さんから離れた「外の世界」に適応していく過渡期に見られる現象です。したがって、移行対象は、お母さんの安らぎや匂いが感じられる物が多く、毎日使っているタオルやぬいぐるみなどが選ばれやすいのです。
 

「ライナスの毛布」は典型的な移行対象

スヌーピーで知られる米国の人気漫画『ピーナッツ』の登場人物に、哲学的でクールな男の子、ライナスくんがいます。彼がいつも抱えている毛布が、まさにこの移行対象。「ライナスの毛布」は、「安心毛布」と呼ばれています。

ライナスは、気難し屋の姉ルーシーに突つかれ、理屈屋のサリーから恋心を寄せられ、いつもクタクタです……。そんな「外の世界」での緊張を癒し、お母さんのような安らぎを与えてくれるのが、ライナスの毛布。タオルやぬいぐるみを肌身離さず持ち歩く子どもたちも、このライナスくんと同じ気持ちではないでしょうか。
 

移行対象の役割……「外の世界」に踏み出す子の緊張感を和らげる

子どもは「移行対象」を使って、お母さんとの「二人きりの世界」とお母さんから離れた「外の世界」との「中間地点」で遊びながら、徐々に外の世界の方に適応していきます。

子どもがお母さんとの「二人きりの世界」で体験しているのは、お母さんに守られている安心・安全な世界です。しかし、成長と共に「外の世界」に足を踏み入れていくと、それまでの安心・安全を失うことへの不安も強くなります。そこで、母親に変わる安心の源として移行対象を心の拠り所にし、不安を癒そうとするのです。
 

無理に卒業させなくて大丈夫! お母さんは「安全基地」になろう

では、こうした子どもたちに、どのようにかかわればいいのでしょう? 結論から言えば、子どものしたいようにさせておくのが、いちばんです。けっして、移行対象を取り上げてはいけません。外の世界とのかかわりが増えれば、移行対象へ執着は自然に薄れていきます。無理やり取り上げようとすると、逆に子どもはそれに執着し、手放せなくなってしまいます。

繰り返しになりますが、幼い子どもは、お母さんとの「二人きりの世界」、移行対象と遊ぶ「中間の地点」を経て、「外の世界」に適応していきます。お母さんは、そんな子どもの成長を優しく見守り、子どもが不安を感じたらいつでも戻ってこられる場、つまり「安全基地」になってあげましょう。

そのためには、外の世界で不安を感じた子どもが「安全基地」に戻ってくるたびに、しっかり抱きしめて「大丈夫。怖くないよ」と囁いてあげるといいでしょう。すると、子どもは勇気を回復し、再び外の世界へと足を向けていけるようになります。ぜひ、移行対象と遊ぶ子どもを笑顔で見守り、外の世界で遊ぶ子どもの安全基地になってあげてくださいね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項