アンティグアへの道

アンティグア周辺の人々は、このような幾何学文様のウイピルを着ていることが多い。露天のウイピル屋にて ©牧哲雄

アンティグア周辺の人々は、このような幾何学文様のウイピルを着ていることが多い。露天のウイピル屋にて ©牧哲雄

■エアー&ツアー情報
グアテマラの玄関口は首都のグアテマラ・シティ。日本からの直行便はないので、アメリカやメキシコの諸都市を経由する。格安航空券で11万円前後から。ツアーは8日間25万円前後から。グアテマラ・シティからアンティグアはバスやタクシーで1時間。

■周辺の世界遺産
アンティグアを拠点に様々な世界遺産にアクセスできる。中米でもっともオススメしたい世界遺産はやはり「ティカル国立公園」で、ティカルの起点となるフローレス(サンタ・エレナ)へはアンティグアから様々なツアー・バスが出ているほか、グアテマラ・シティから公共バスで約8時間、飛行機なら1時間以内で行ける。

1泊することができれば(日帰りは不可能ではないが厳しい)、世界遺産「キリグアの遺跡公園と遺跡群」やホンジュラスの世界遺産「コパンのマヤ遺跡」、エルサルバドルの世界遺産「ホヤ・デ・セレンの古代遺跡」なども訪ねられるほか、フローレスからメキシコのカンクンに抜けてしまえば(バスで12時間)、チチェン・イッツァなども旅行圏に入ってくる。

アンティグアはスペイン語留学でも有名で、世界一安くスペイン語留学ができる街と呼ばれている。スクールやホーム・ステイ、ホテルも充実しているため、世界各国から人々が訪れる。

アンティグアのベストシーズン

エル・アルコからアグア火山を眺める。富士山のような美しい三角形で、標高も3,766mと、富士山とほぼ同じ(富士山は3,776m)。登山も可能 ©牧哲雄

エル・アルコからアグア火山を眺める。富士山のような美しい三角形で、標高も3,766mと、富士山とほぼ同じ(富士山は3,776m)。登山も可能 ©牧哲雄

雨季は5~10月なので、どちらかといえば乾季の11~4月がオススメ。

最高気温はもっとも高い3~4月で28度前後、もっとも低い11~1月でも22度前後あり、1年を通してあまり気温差がない。ただ、最低気温は夏で16度前後、冬で12度前後となっており、1日の温度差があるので、熱帯地方とはいえ厚手の服も必要。

アンティグアで特に有名なイベントが3~4月ほどに開催されるセマナ・サンタ。セマナ・サンタとは、キリストが死の直前にエルサレムに入城した「枝の主日」から、十字架での処刑を経て、復活するその前日までの1週間の「聖週間」をいう。

アンティグアのセマナ・サンタでは、キリストが死を前に十字架を背負って歩いたヴィア・ドロローサ(悲しみの道)行を再現するプロセシオン(行列)が出て練り歩く。プロセシオンが歩く場所にはアルフォンブラと呼ばれる巨大な絨毯が敷かれるのだが、これがウイピルのような色とりどりの装飾が施されていてとても美しい。

世界遺産基本データ&リンク

民族衣装は上着をウイピル、スカート状の着物をコルテという ©牧哲雄

民族衣装は上着をウイピル、スカート状の着物をコルテという ©牧哲雄

【世界遺産基本データ】
登録名称:アンティグア・グアテマラ
Antigua Guatemala
国名:グアテマラ共和国
登録年と登録基準:1979年、文化遺産(ii)(iii)(iv)

【関連記事&サイト】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。