トマトのスンドゥブチゲと蛇腹きゅうりの生姜漬け

所要時間:30分

カテゴリー:チゲ鍋

 

トマトのスンドゥブチゲと蛇腹きゅうりの生姜漬け

梅雨も明けていよいよ夏本番、暑さで食欲が落ちてきてはいませんか?今回ご紹介するのはトマトの入った豆腐のチゲ鍋、スンドゥブです。トマトの酸味、ラー油の辛味、チーズと卵のまろやかさでご飯もお酒も進む味です。あさりとひき肉でスープを作るので簡単に深みのある味に仕上がります。
トマトは夏が旬の野菜ですが、夏に食べるとうれしい効果もたくさんあります。トマトのリコピンはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼを抑制する働きがあり美肌効果が期待できます。抗酸化作用もあるので紫外線による肌のダメージを少なくしてくれます。また、トマトのクエン酸には食欲を促したり、疲労の原因物質である乳酸を分解する働きがあるので夏バテの時にもお勧めです。
一緒に添える蛇腹きゅうりの生姜漬けのきゅうりはカリウムたっぷり。汗をかく季節には汗と共に流れてしまうのでたくさん取りたい栄養素です。


トマトのスンドゥブチゲの材料(2人分

蛇腹きゅうりの生姜漬け
きゅうり 2本
小さじ2弱
300ml
生姜 1かけ
トマトのスンドゥブチゲ
トマト 小2個200g
400ml
あさり 150g
大さじ1
豚ひき肉 30g
スープの素 5g
しいたけ 2枚
青ねぎ 3本(九条ねぎ)
水菜 80g
絹ごし豆腐 1丁
1個
ミックスチーズ 25g
少々
ラー油 適宜
蛇腹きゅうりの生姜漬けは作りやすい分量です

トマトのスンドゥブチゲの作り方・手順

蛇腹きゅうりの生姜漬け

1:

きゅうりを蛇腹切りにする。斜めに細かく切れ目を入れるこの時に下まで切り落とさないようにして切る。

2:

1のきゅうりの表裏をひっくりかえし、同じ向きに斜めに切れ目を入れる。先ほどを同様に下まで切り落とさないようにして切れ目を入れる。蛇腹きゅうりの出来上がり。これを8個に切る。

3:

火にかけられる保存容器か鍋に水・塩を加えて煮立て、薄切りにした生姜を加え再び煮立ったら火を止めてきゅうりを加え荒熱をとって冷蔵庫で半日ほどおく。

トマトのスンドゥブチゲ

4:

あさりは砂抜きして鍋に入れ水・酒を加えて火にかける。

5:

あさりの殻が開いたらひき肉・スープの素を加える。

6:

アクを取り、へたをとったトマトを加える。蓋をして10分煮る。

7:

しいたけは石づきを取って薄切りにし、九条ねぎは斜め薄切りにする。水菜は5cm長さに切る。

8:

トマトが柔らかくなったらしいたけ・豆腐を加え、火が通ったら塩を加えて調味し、九条ねぎ・水菜を加える。

9:

卵を割り入れ、ミックスチーズをのせ、蓋をして1~2分加熱し、火を止める。好みの量のラー油を加え、トマト、卵をを崩しながら食べます。

ガイドのワンポイントアドバイス

このスンドゥブは栄養価のバランスがよく、鍋一つで簡単に作れるので暑い夏にはお勧めです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。