Cakeの意味は、甘いお菓子だけとは限らない

フィッシュケーキ(fish cake)とは

イギリスの伝統料理

Cakeという単語から、みなさんはなにを連想されるでしょうか。生クリームや果物たっぷりのケーキでしょうか?チーズケーキ?それともロールケーキでしょうか?

でも、このcakeという英単語は、実はお菓子にだけ使われている訳ではありません。意外なものにも使われています。例えば、「こびりつき」「石鹸などの固形物」など。

例えば、「こびりつき」はこのように使われます。
His shoes were caked with mud.(彼の靴には泥が固まりついていた。)

「石鹸などの固形物」の例としては、このようなものがあります。
A cake of dry ice(ドライアイス一個)、one cake of tofu(豆腐一丁)、a cake of ice(一塊の氷)、a cake of soap(石鹸一つ)など。
 
お豆腐も石鹸もcake(ケーキ)

お豆腐も石鹸もcake(ケーキ)

お豆腐と石鹸が一緒というのは、日本人にとっては不思議な感じもしますが、なにかを固めて作られたもの、という視点で使われているのですね。

この他にも、イギリスの伝統的なおかずには欠かせない単語がcakeなのです!それが今回ご紹介するフィッシュケーキです。
 

フィッシュケーキ(Fish cake)ってどんなお料理?

魚のケーキ?

魚のケーキ?

さて、イギリスの伝統料理のひとつに、fish cake(フィッシュケーキ)があります。魚とケーキの組み合わせを想像すると、魚に生クリームがついていて……のようなことを想像してしまいそうですが、これは立派なおかず。

実は、cakeという単語には「魚などのすり身を固めたもの」という意味があり、fish cakeは魚のすり身のコロッケのようなものです。
 

フィッシュケーキ(Fish cake)ってなにから出来ている?

コロッケに似た風貌です

コロッケに似た風貌です

Fish cakeの主な材料は、スモークした鱈やサーモンなどのお魚、牛乳、ジャガイモ。この3つにディルやマヨネーズを足してもいいですね。混ぜて丸く成形し、コロッケのように小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶして油で揚げます。つけ合わせにタルタルソースとレモンを添えましょう。

イギリス人のカリスマシェフ、ジェミー・オリバーがフィッシュケーキの作り方を公開していますので、英語レシピを参考にしながら、ぜひ作ってみて下さいね。

【参考】
ジェイミー・オリバーのフィッシュケーキレシピ
 

フィッシュケーキ(Fish cake)は日本にもある

ちなみに、日本でも人気のおかずもfish cakeと呼ぶことが出来るものがあります。なんだと思いますか?魚のすり身で油を使って作るものと言えば……そうです、さつま揚げですね!蒲鉾もfish cakeと表すことが出来ます。蒲鉾の場合は、fish loafと言ってもいいですね。

イギリスのご友人がいらっしゃる方は、日本のフィッシュケーキの食べ比べをしても面白いかもしれません!イギリスへホームステイや留学をご予定の方は、さつま揚げを作って、'Japanese fish cake'とぜひ紹介してみて下さい!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。