感動の超簡単ハーブサシェ

サシェ作りを行っていた復興支援ブース

サシェ作りを行っていた復興支援ブース

このサシェ(香り袋)に出会ったのは、確か東京で全国都市緑化フェアが開催された際に、東日本大震災の復興支援ブースで見かけたのが最初だったように記憶しています。
このときは、ガイドのイベントレポートでチラッとご紹介しただけでしたが、実際にサシェの作り方を教えていただいたのは、公益社団法人日本家庭園芸普及協会主催による「2014日本フラワー&ガーデンショウ」の復興支援ブースをお手伝いした時になります。
イベント会場でのサシェ作り

イベント会場でのサシェ作り

その作り方の簡単さは感動モノだったのですが、イベントなどで皆さんに手軽に楽しんでもらえるハーブクラフトとして、ハーブ研究家の永田ヒロ子さんが考案されたものとのこと。
今回、ハーブを楽しむ方の裾野が広がれば……と記事掲載をご快諾いただき、ご紹介させていただくことになりました。

永田さんのブログ:季の香り日記(ときのかおりにっき)

ハーブサシェの材料

さて前置きはこのくらいにして、まずはハーブサシェの材料を準備しましょう!
以下の材料が、ハーブサシェ一個分になります。
  • ドライハーブ(今回はラベンダーを使用)……大さじすりきり2杯くらい
  • 幅広のリボン(サテンリボンでは香りが立ちにくいので、薄手のオーガンジーなどがオススメ。端にワイヤーが入っていると形作りやすい)……5~8cm幅、長さ35cmくらい×2枚
  • 細幅のリボン……8mm~1cm幅、長さ30cmくらいを1本
  • アレンジワイヤー(普通の針金、木綿糸などでも可)……6cmくらいを1本
  • 不織布製のお茶パック(だしパック)……1枚
  • アロマオイル……ドライハーブの香りが弱いようであれば、香り付けに
ハーブサシェの材料

ハーブサシェの材料

このほかに、幅8mm程度の両面テープ10cmを1本、リボンをカットするためのピンキング鋏があれば準備完了です!

次ページは、基本のサシェの作り方です。