「チャンアン複合景観」への道

ハンムア寺の山頂から見下ろすハンムア村

ハンムア寺の山頂から見下ろすハンムア村。タワー・カルスト、水田、農村が調和した文化的景観が美しい

■エアー&ツアー情報
「チャンアン複合景観」への旅の起点はハノイか、ハノイの南90kmに位置するニンビン。ベトナムの玄関口としてはハノイが便利だ。

ハノイへは成田、羽田、名古屋、大阪、福岡などからベトナム航空やANAが直行便を出しているほか、仁川、台北、香港、広州等を乗り継ぐ経由便がある。

ハノイやニンビンからはタムコックやチャンアン、ビックドン、ホアルーへ日帰りツアーが出ている。ハノイから自力でニンビンに移動する場合は、バスで2時間半前後。
ハロン湾

海のカルストで魅せるハロン湾

■周辺の世界遺産
ハノイには世界遺産「ハノイ -タンロン王城遺跡中心地区」があり、ニンビンから西60kmほどにあるタインホアという街には「ホー朝[胡朝]の城塞」がある。いずれもホアルー同様、ベトナムの首都遺跡だ。

ハノイの南東約120km、ニンビンの北東約140kmの位置には「ハロン湾」がある。こちらは海のカルストなので「チャンアン複合景観」と一緒に訪ねて両者を比べてほしい。 

また、ベトナム中部の街フエやダナンからは「フエの建造物群」「古都ホイアン」「ミーソン聖域」「フォンニャ-ケバン国立公園」を訪れることができる。

「チャンアン複合景観」のベストシーズン

ハンムア寺からの眺め

ハンムア寺からの眺め。折り重なる山々が美しい

ニンビンの夏の平均最高気温は約34度、平均最低気温は約25度。冬は前者が約21度、後者が約14度。季節は日本と同じだが、東京の夏が30度と22度、冬が10度と5度であるのと比べると、特に冬が温暖だ。

雨季は5~10月で、特に7~9月は台風シーズンで降水量も多い。東京でもっとも雨が降る月の降水量が200mm程度であるのに対し、400mmを超えることもある。ということで、一般的には雨季を外した乾季がベストシーズンとされている。

世界遺産基本データ&リンク

カルストの岩肌

カルストは場所によってさまざまな表情を持つ

【世界遺産基本データ】
登録名称:チャンアン複合景観
Trang An Landscape Complex
国名:ベトナム社会主義共和国
登録年と登録基準:2014年、文化遺産(v)、自然遺産(vii)(viii)

【関連サイト】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。