受験直前のネガティブな心理とは?

examination1

受験日が近づくにつれ、不安な思いは募っていく……

いよいよ受験シーズン本番! この時期には、「気持ち」の持ち方一つで最後の登りを突破できる人もいれば、実力はあるのに崩れ落ちてしまう人もいます。そこで、受験直前のプレッシャーに弱い人によく見られる「気持ちのパターン」を考えてみましょう。次のような心の状態に、心当たりはありませんか?

(1)「模試の結果が悪かったから、落ちるかも」などと不安が離れない
(2)「どうせ自分なんて受かるわけない」などと自己否定に陥る
(3)「周りがうるさくて集中できない」「風邪が治らない」などつい言い訳してしまう
(4)勉強しなければと思うのに、気がつけば漫画やゲームに逃げてしまう

上のような心理に陥ることで、せっかく積み上げてきた実力を発揮できず、受験直前の最後の登りでパニックになったり、歩みを止めてしまう人は少なくないものです。

ネガティブ心理に陥るのはどうして?

上の(1)~(4)のような心の状態には、心理学的な名称がついています。まず、(1)や(2)のように考えることを「結論の飛躍」といいます。ゴールにたどりついてもいないのに、「どうせうまくいかない」「失敗するに違いない」などと悲観的な結論にとらわれてしまうことです。

受験は終わるまで分かりません。模試の結果が散々でも、受験直前の追い上げで志望校に合格する人もいれば、「無理だからやめておけ」と言われ続けても、見事合格通知をつかみとる人もいます。ところが、「結論の飛躍」にとらわれてしまうと、頭の中で勝手に悪い結果を想像し、その想像をさらに悪い方向へと膨らませ過ぎていき、直前でもっと伸びるはずの実力や意欲を自分自身で握りつぶしてしまうのです。

(3)の言い訳は「セルフ・ハンディキャッピング」といいます。失敗の結果を見て自分自身が傷つかないように、事前にハンディ(不利な条件、障害)を用意し、「○○のせいでできなかった」=「だから自分のせいではない」という理屈をつくっておくことです。そうすることで、失敗したときに深く傷つくリスクを防ぐことができますが、言い訳を並べて実力を出し切らなかった自分への不信感を、引きずってしまうことになります。

(4)の逃げは、「逃避」という自己防衛です。現実からかけ離れたものに夢中になることで、強い緊張状態にさらされた心の危機を回避しようとする、無意識の心の作用です。「受験日」という逃れられない現実が近づけば近づくほど、心身の緊張感が高まり、逃避への欲求も高まっていきます。こうした緊張感に耐えきれなくなると、無意識のうちに受験と関係ない物事に手を出し、その行動にはまってしまうのです。

ではどうしたらいいのか、次のページで考えてみましょう。