試験日が近づくほど「現実逃避」に夢中になる 

test1

追い込みの時期なのにゲームのことばかり気になるのはなぜ?

大学入試センター試験も終わり、いよいよ受験本番のシーズンとなりました。受験生にとっては、ストレスの嵐が押し寄せる頃ではないかと思います。

テストは今までの勉強の成果が試されるものですから、直前にあせっても遅いのですが、この時期に何気なくノートを開いて復習したことが出題されることもあり、直前勉強の効果も意外にあなどれないものがあります。

とはいえ試験日が近付くほど、なぜかやる気が起こらず、勉強に身が入らなくなる人は多いもの。そして、昔のマンガ本を読破したり、使っていないゲームにハマりだしたりと、勉強以外の何かに夢中になってしまう人も多いものです。

ではこのように、本番直前に「現実逃避」にハマってしまうのは、どうしてなのでしょう?

現実逃避をするのは心が健康な証拠 

test2 

テスト前にゲームにハマるのは「心」を守るためだった!?

私たちの心には、強いストレスを抱えたとき、心が壊れる危険から回避しようとする無意識の働きが備わっていると考えられています。これを「防衛機制」といいます。テスト前の現実逃避は、この防衛機制の代表選手ともいえます。

テスト直前の心の中は、「何が出題されるんだろう?」「合格できなかったらどうしよう」「今さら勉強しても遅いだろうか」と、たくさんの不安や葛藤、自信喪失感、焦燥感が渦巻いています。そんななかで、さらにテストのことを考え続けると、心はそのストレスに耐えきれなくなります。

そこで、心は無意識のうちにテスト以外の「何か」に気持ちを向けさせ、心が壊れるのを防ごうとするのです。今までわき目も振らずに勉強ばかりしてきた人が、急にマンガやゲームに夢中になってしまうのは、この防衛機制の働きによるものです。

テスト以外でも、極度に緊張したときや「時間がない!」とあせったときに、何かにハマって現実逃避をした経験を持つ人は多いはず。たとえば私は大学4年生の頃、卒業論文の締め切り直前に、なぜかやったこともない「レース編み」にハマってしまい、テーブルセンターの大作をつくってしまったことがあります(苦笑)。