アイマスクと耳栓は快眠必須グッズ

アイマスクと耳栓で寝る環境を整える

アイマスクと耳栓で寝る環境を整える

飛行機内では食事サービスや機内販売など様々なサービスがあり、自分が寝たい時間に機内が暗くなっているとは限りません。周りのお客様は起きていてお話されているかもしれません。「眩しくて眠れなかった」「うるさくて眠れなかった」ということにならないように、ある程度自分で環境をコントロールすることが大切になります。

そこで絶対あると役立つのがアイマスクと耳栓。この二つがあることで自分の好きなときに睡眠モードに入ることが出来ます。

なかでもシリコン耳栓はおすすめです。遮音性も比較的高く、長時間つけていても全然痛くなりません。海外旅行などの長距離フライトでぜひ使ってみてください。

 

耳栓をしても周囲の雑音が気になってしまう方は

音楽の力を借りて睡眠モードに

音楽の力を借りて睡眠モードに

耳栓をしても周囲の音が気になってしまうという方はヘッドフォンやイヤホンで音楽を聴くのも有効です。流す曲は歌詞のあるものだと歌詞に意識が行ってしまいがちなので、波の音やリラクゼーション系のものがおすすめです。

周りの音がシャットダウンできるうえ、音楽の音でより周りの雑音が気にならなくなります。CAも機内で仮眠をとるときには音楽を聴きながら寝るという人が多いです。

 


クッションで寝る姿勢を整える

機内では後ろの座席の人に気兼ねしてリクライニングもあまりできないこともしばしば。そのような姿勢で寝るのは疲れてしまいますよね。そんな時は首の後ろにクッションをはめると首がまっすぐ伸びて安定し、かなり楽になります。機内のクッションを借りても良いですが、数に限りもありますし自分の首に合ったネックピローを持参することをおすすめします。空気を入れて膨らませるタイプのものは空気を抜けばコンパクトに持ち運びができますし、空気を入れるときに腹筋運動にもなるので一石二鳥。また足のむくみや蒸れが気になる方にはスリッパの時さがおすすめ。最近では、持ち運びしやすいよう色々な種類の携帯用スリッパが販売されています。ご自身の好みに合わせて選んでみてください。

いかがでしたでしょうか。前日からの対策と機内での対策、両方万全にして機内での快適な睡眠を手に入れてください。

「CA直伝!飛行機内で快適に過ごす裏技」シリーズ記事

1 美容編
2 飲食編
3 服装編
4 睡眠編
5 時差ボケ対策編


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。