アジフライの作り方 衣をカリッと香ばしく!

所要時間:45分

カテゴリー:メインのおかずフライ

 

アジフライの作り方 衣をカリッと香ばしく!

アジは脳の働きを活性化するDHA(ドコサヘキサエン酸)や、血液の流れを良くし、動脈硬化を予防するEPA(エイコサペンタエン酸)を豊富に含んでいます。特に生活習慣病が気になる方や、育ち盛りのお子様に積極的にとって頂きたい食材です。

カリッと香ばしい衣、ふわっと柔らかい身が特徴の人気惣菜、アジフライをご家庭で作ってみてはいかがでしょうか。アジは三枚おろしにし、食べやすい大きさに仕上げました。

アジフライのレシピ・作り方の材料(2人分

アジフライ
アジ 中4尾 400g
小さじ1/3
こしょう 少々
薄力粉 1/3カップ
Mサイズ1個
パン粉 1と1/4カップ
サラダ油 鍋の6分目
付け合わせ
キャベツ 100g
ミニトマト 6個 80g
レモン 1/2個 50g
中濃ソース 大さじ3
マヨネーズ 大さじ3
アジは全体にハリがあり太っているもの、お腹の部分が丸みを帯びているものが良品です。表面に青白い光沢があり、ヒレや尾がピンと張っているもの、目が黒く澄んで盛り上がっているものを選びましょう。

アジフライのレシピ・作り方の作り方・手順

アジの下ごしらえ

1:アジを三枚におろし、下味をつける

アジを三枚におろし、下味をつける
アジを三枚おろしにします。おろしたアジの身を並べ、身の面に塩とこしょうを均一にふりかけます。15分程おき、浮いてきた水分をキッチンペーパーなどで軽く押さえてとります。
塩は、下味をつけるほか魚の生臭みを消す作用があります。

衣をつけて揚げる

2:アジに衣をつける

アジに衣をつける
卵は割りほぐしておきます。アジに薄力粉をまぶし、卵にくぐらせ、パン粉をつけます。
薄力粉は薄く均一にまぶし、パン粉はしっかりとつけます。アジに衣をつけてしばらくおいておくと、魚の水分が出て、揚げた時に衣がはがれやすくなります。衣をつけたらすぐに揚げるのがポイントです

3:サラダ油を熱し、揚げる

サラダ油を熱し、揚げる
サラダ油を170℃に熱し、衣をつけたアジをこんがりときつね色になるまで7~8分程揚げます。
パン粉を少量油に落とし、すぐに浮く頃合いが170℃です。途中、アジをひっくり返し、両面を均一に揚げていきましょう。

付け合わせの準備

4:付け合わせを切る

付け合わせを切る
キャベツは千切りにし、水洗いしてザルに上げます。ミニトマト、レモンは水洗いして水気を切り、ミニトマトはヘタを取って、レモンはくし型に切ります。

盛り付け

5:皿に盛り付ける

皿に盛り付ける
皿にキャベツをのせ、アジフライ、ミニトマト、レモンを盛り付けます。中濃ソース、マヨネーズを添えます。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回は中濃ソースとマヨネーズを添えてみましたが、これからの暑い季節には、大根おろしと刻んだ青じそを添えてポン酢しょうゆで頂くのもおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。