40代からのダイエット! 痩せにくいのは本当に年のせい? 

40代からのダイエット方法

40代からのダイエット方法


「年のせいで痩せにくくなってきた」とおっしゃる人のお身体を観察すると、以下の3点が特徴的です。
  • 下腹が出ている
  • 腕が伸ばせない
  • 筋肉が硬い
特にお腹を気にしている人は多いのですが、腹筋をするにも背中がこわばっていたり、腰痛で起き上がれないことがあるようです。ご本人様は「筋力がないから起き上がれない」とお思いのようですが、実際のところ、筋力だけが問題ではなく、上半身が動かしづらい状態だから起き上がれない場合もあります。上半身は腕の動きで歪むため、お腹が気になるときは、腕の動きも一緒に見直すと効率がよいです。なぜなら、古代中国の哲学理論の五行学説では、腕とお腹(小腸)は同じ「火」に属する関係が深い部分だからです。
 

筋肉は使われないと退化する

女性はもともと筋肉が少なく筋力も弱く、さらに運動不足・活動量の不足が原因で筋肉が自然に減少します。40~50代では普段の生活でよく使っている脚はつっぱり、肘は曲がっている人が増えます。

産後に抱っこで腕をよく使った人や家事を頑張ってきた人、またお仕事柄、腕を収縮させる動きが多かった割にケアが足りなかった人は、腕のリフレッシュをしませんか?
今回は、TVを見ながらできるストレッチと、回数の少ない筋トレをご紹介します。
 

前腕のストレッチ

前腕は、よく使うわりにケアが足りない部分です。手首も重要な部分ですので、優しく丁寧に20~30秒行いましょう。

1.手のひらを向こうに向け、反対の手で指4本を押さえ、身体の方に引きます。
手のひらを向こうに向けます。

手のひらを向こうに向けます。

2.手の甲を向こうに向け、1.と同様に反対側の手で指4本を押さえ、身体の方に引きます。
手の甲を向こうに向けます。

手の甲を向こうに向けます。

 
3.2の状態で軽くこぶしを作り、反対側の手で、指先を自分の方に引きます。
こぶしでのストレッチは、手の甲の疲労感を実感しますよ。

こぶしでのストレッチは、手の甲の疲労感を実感しますよ。
 

 

腕の後ろ側のストレッチ

腕の後ろ側の筋肉(上腕三頭筋)は、脚でいうところのももの表側(大腿四頭筋)に相当し、肘の曲げ伸ばしに活躍しています。普段は主に、力こぶ側(上腕二頭筋)を使っている意識があると思いますが、三頭筋は肩甲骨や肩・胸ともダイレクトな部分。丁寧にストレッチしましょう。

1.両手を上にあげます。
両手を上にあげます

両手を上にあげます

2.片側の肘を折り、反対側の手で肘を押さえます。
顔が前に倒れないよう注意。

顔が前に倒れないよう注意。

 
3.押さえた手のひらで、肘を床の方に引きます。
肘を床の方向に引くイメージで。 

肘を床の方向に引くイメージで。 


 

腕の後ろ側のトレーニング

肘を締めるタイプの筋トレで、効率よく腕の後ろと胸をトレーニングしましょう。はじめは3回を目標に行います。

1.うつぶせになり、手のひらは胸の横に置きます。指先は気持ち外側を向け、肩甲骨を寄せます。
指先は外側を向けると肘が締まります。

指先は外側を向けると肘が締まります。

 
2.腕の後ろ側を意識し、2秒で肘を伸ばします。肘が完全に伸びきる手前で止めましょう(肘を痛めないためです)。
腕の後ろ側を意識。

腕の後ろ側を意識。

3.2から、胸がつくギリギリのところまで3秒で戻ります。
胸がつくギリギリのところで上に上がります。

胸がつくギリギリのところで上に上がります。

 
2-3を繰り返します。起き上がれるようになったら、3-2の順で行います。回数に余裕が出た場合は、少しづつ増やしていきましょう。

いかがでしたか? 肘下や手首は肩コリにももちろん関係があります。筋トレは慣れてきたら、力みを抜いてチャレンジしましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。