ランチコースより

それでは、5,000円(税サ別)のランチコースから御紹介していきます。

・蕎麦、雲子
蕎麦、雲子

蕎麦、雲子

一皿目は、宮古産(岩手)の雲子のフリットに、蕎麦粉を蕎麦茶でのばしたソース、そして上から吉田牧場の熟成チーズ「マジヤクリ」をふりかけた一皿が登場です。

シェフが厳選した雲子は格別に風味濃厚、これに合わせる蕎麦ソースも薫り高く、雲子に負けない存在感で、調和のとれた相性を楽しませてくれます。一皿にかける仕事量と精密なテクニックが光る、素晴らしいスターターでしたね。


・聖護院かぶら、サゴシ
聖護院かぶら、サゴシ

聖護院かぶら、サゴシ

続いては、冬の季節感が満載の「かぶら料理」。「あやめ雪(京都大原産)」、「聖護院かぶら」、「赤かぶら」、「かぶら」、と多彩な「かぶら」尽くしの構成となっており、どこを食べても根菜が持つ冬の甘味がとても心地良く舌の上に拡がります。

もう一つの主役であるバーナーで炙った「さごし」もぽってりとした脂の乗り具合が秀逸で、「かぶら」のさっぱり感と相性抜群。塩柚子のソースも「かぶら」の甘味を引き立てる、良きアクセントになっていました。


・九条葱、蟹
九条葱、蟹

九条葱、蟹

パスタ料理は、驚くほどシンプルに素材の持ち味を活かした一皿で、九条葱の青味と苦味、蟹の柔らか食感と旨味が、舌の上で絡み合うように渾然一体となり、とてもピュアな素材感が強く感じられる仕上がりに。シェフの目指す「シンプルな美味しさ」とは、まさにこのことなのでしょうね。


・百合根、フォアグラ

百合根、フォアグラ

百合根、フォアグラ

次はリゾット。百合根を使ったリゾットの上に、フォアグラ、さらに黒トリュフ、という実にリッチな構成です。濃厚なフォアグラのテイストを、百合根がしっかりと受けとめ、互いの良いところを引き立てあうマリアージュっぷりがお見事! 先の繊細なパスタとは逆に、これは骨太のリゾット。この対比もさすがです。

次ページからは、メイン料理やドルチェを御紹介します