若々しい姿勢のキーワードは「筋力」

姿勢維持は全身の筋肉が必要

姿勢維持は全身の筋肉が必要

美しい姿勢を保つためには、ゆがみのない骨格を土台とし、真っ直ぐに立つことが必要で、ゆがみのない骨格をキープするためには、それを支える筋肉が不可欠です。

「おばさん度診断チェック」にて、下記の項目があてはまった人は、注意が必要です。

■筋力の低下を招く可能性がある
1. 外出は面倒くさい
2. 運動は嫌いなので行わない
5. エスカレーターと階段なら、迷わずエスカレーター!
10. 電車では空席探しに猛ダッシュ!

■すでに筋力が低下している
3. うつむいて歩く癖がある
4. 歩く速度が遅い
8. 気がつくと、口が開いてる
9. 座ると脚が開いてしまう

まずは、時間のない人でも、日常の中で姿勢維持やウォーキングを見直して筋力アップを目指しましょう。

*「姿勢の基本」と「ウォーキングの基本」の記事を参照ください。


若々しい仕草のキーワードは「末端を意識」

内面が仕草に顕れます

内面が仕草に顕れます

おばさんっぽい仕草の人は、振るまがい雑。身体の体幹~末端部分まで意識が届いていないことが多々あります。

座る時に「ドスンッ」と大きな音を立てるとおばさんっぽく移りますが、体幹~末端部分まで意識をしている人は、座る時に音を立てることはありません。

「おばさん度診断チェック」にて、下記の項目があてはまった人は、注意が必要です。

■体幹部に力が入っていない
3. うつむいて歩く癖がある
7. 立ち上がる時に「よいしょ」と掛け声をかける

体幹部に力が入っていないと、身体を移動する際に、言葉を発してしまいます。
また、うつむいて歩く人は、姿勢が悪く老けて見えるだけでなく、ヘアスタイルも乱れがちに。ヘアスタイルがどう見えるかまでも計算して仕草を行うことが、末端までも意識した若々しい仕草といえます。

末端部分までも意識している人の仕草は、エレガントで美しいもの。そんな女性は、ハンドクリーム・マニキュアで指先をお手入れする、足のかかケア、毛先まで美しく……等、身体の末端部分のケアにも抜かりがありません。


日常の積み重ねがパワーあふれる「美姿勢」を作る

「若々しい」ということは、シワがないという事ではなく、パワーがあふれているという事です。今回紹介した「姿勢・仕草」を整えること以外にも、パワーをチャージする方法は、沢山あります。

例えば、旅行をする、新しいことに挑戦する気持ちを持つ、友人と楽しくおしゃべりをする、趣味に没頭する時間を持つ……。

「姿勢・仕草」にプラスして、あなたにあった方法で、いつまでも若々しくいられる方法をj身につけてください。


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。